技術

ASCII.jp:電力スマートメーターを合法的にハッキング! Nature Remo E Liteのレビュー(1/4)

2020年12月31日12:00に更新

文●柴田文彦編集●飯島エリコ/ ASCII

家庭の電力量をリアルタイムでスマートフォンで確認できる電力監視システム」Nature Remo E Lite」の価格は1万4800円

今回のレビューで扱う「Nature Remo E Lite」は、家庭の電力メーターの値を非接触でリモートから電子的に読み取ることができガジェットだ。といえばそうすることができるか驚く人もいるだろう。実は私も最近までそれが可能だとは知らなかった数年前から電力会社は、これまでのアナログ式電力メーターで、いわゆるスマートメーターに交換するために努力している。いつの間にか家にスマートメーターの人は誰もが機能を利用可能である。同社のスマートリモコン装置、 Nature Remoも一緒に使って見ることができますので、そちらも含めて送るなどを報告する。

ちょっと混乱製品ラインナップを確認

今週電力メーターの話はちょっと先送りまずNature Remoシリーズのラインナップを確認しましょう。 名前もかなり似ているので、そのまま話を進めてもかなり混乱したからだ。

まず、今回の採用する製品を作っている会社の名前が「Nature」である。 洗練された製品のデザインとアプリケーションの腕前を見ると、国外の企業であることを考えるようにすることもありますが、厳然たる日本の会社。 そして、その主な製品は、家電製品をスマートフォンで操作できるように、スマートリモコン装置「Nature Remo」とのこと。 「Remo」というのはもちろん、リモコンの「リモート」から来たのだろう。

そして、現在「Nature Remo」は世代と評価に基づいて、3種類の製品がある。最近、すべての機能を備えた「Nature Remo 3」(9800円)と、その要約の「Nature Remo mini」(5980円)と、1世代前「Nature Remo 2」(8980円)である。 簡単に言えば、すべてのWi-Fiスマートフォンと通信赤外線発光ダイオードと赤外線センサー、家電製品やそのリモコンとの相互作用する点は共通している。

主な違いは、Wi-Fiと赤外線以外内蔵しているセンサの種類である。 上位モデルの「Remo 3」と「Remo 2」が、温度、湿度、照度、人体の各センサーを内蔵しているのに対し、「Remo mini」が内蔵されている温度センサーだけ。このセンサは、リモコン機能に家電製品をの操作するときの「トリガー」として利用できる。」Remo 3」と「Remo 2」の違いは、「Remo 3 ‘がBluetothに対応して、いくつかのBluetoothデバイス(mornin」plus、Qrio Lock)をサポートしているものである。

トリガーには、時間と、スマートフォンのGPSによって検出所有者の位置なども使用することができる。 製品が内蔵されたセンサーは、あくまで室内環境を測定するためのものということになる。 例えば、室内の温度変化に応じてエアコンを付けたり消したりなどの操作が可能となる。 または人体検知センサーは、人が部屋に入ると、自動的にTVをつける、などの操作も可能である。

最初に述べたように、今回のレビューのメインとスマートリモコンではなく、家庭の電力メータの値を読み取る製品編である。 事実そちらも現在2種類の製品がラインナップされている。 「Nature Remo E」(3万2780円)と「Nature Remo E lite」(1万4800円)である。前者は、単純にパワーメータを読み取るだけでなく、太陽光発電システムや蓄電池システムなどECHONET Lite規格に準拠した家庭用電力システムに対応する本格的なもの。 もちろん、そのようなシステムを備えた家庭で使用していないと意味がない。 について、後者は、いわゆる「スマートメーター」という電力メーターの読み取り専用である。 特別な装置なしに、一般家庭であれば、後者で十分である。 前全くオーバースペックである。

今回のテストでは、電力計対応製品では、「Nature Remo E lite」をリモコン装置では、「Nature Remo 3」を評価した。 両者はそれぞれ単独でも使用可能で、それだけでも意味がある。 しかし、両者をスマートフォンで扱えるようにアプリケーションは、共通組み合わせて使用​​することができる。 これにより、電力使用量をトリガーし、リモコンを動かすなど、より重要な使用ができるようになる。

READ  Animal Crossing:New Horizo​​nsの1周年のアップデートが開始されました。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close