経済

ASCII.jp:Apple Silicon MacはMacの皮を使ったiPadか!? (1/3)

独自CPU「M1」でのパフォーマンスとバッテリ寿命が大幅に向上し、新しいMac特集
10枚

2020年11月12日09:00に更新

文●柴田文彦編集●飯島エリコ/ ASCII

Mac関連の発表では、最近になかったほど大きな鳥の変化を感じさせる「One More Thing」のイベントの配信を報告した。 その結果、心に浮かんだのは、Macに初めてApple Siliconを採用した今回の新製品は、変化とMacの新シリーズではなく、iPadの発展型と考えても曲がった時刻がないことがないだろう。

iPadの発展型でApple Silicon Mac

Mac用に新たに開発されたArmベースの統合チップはM1と呼ばれる。 Mは、おそらくMacのMである。 今までのiPhoneとiPadに使用されてきたチップの呼称は、Aに世代を表す数字を付けたものだが、おそらくAppleのAである。 Macという名前は、Appleという会社と相対的な重みを持ってますが、招待Macで使用してきたユーザーとして、それ当然のことと感じている。

それはともかく、このM1を中心とする新しいMacの内部アーキテクチャは、いくら考えても、今までのMacよりiPhoneやiPadに近い。 iPadに内蔵するAシリーズチップをさらに強力にして、キーボードとトラックパッドと一体型にするとMacBook AirとMacBook Pro 13インチモデルで作ることも難なく見られる。

逆ディーズプレイを分離HDMI 2.0とEthernetをはじめとする外部インターフェイス、AC電源を内蔵すればそのままMac miniと呼ぶマシンになりそうな気もする。 つまり、今回の3つの新製品はすべて、iPadを強化する内容で、これまでのMacなどの外部機器をコンピュータ、いわゆるMacの仮面をかぶったiPadもそう遠くないのではない。

それは、ハードウェアだけではない。 新しいmacOS Big Surは、これまでも徐々に近づいていたiPadOSとMacOSの進化の流れをさらに推進し、内容も見た目もiPadOSに相当接近したものとなっている。 さらに、Apple Silicon Macで多くのiOS用、iPad用アプリをほぼネイティブ状態で実行することが可能である。 もちろんiPhoneやiPadデバイスのみセンサーに依存しているようなものは正常に動作しないだろうが、そのまま十分に使えるアプリケーションも決して少なくないだろう。 逆に、当分の間は、Mac用のアプリもデフォルトの動作ではなく、Rosetta 2による変換を介して動作することが残っている。

READ  プジョー3008の強化新型表情一新...欧州発表| 応答(Response.jp)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close