ASEANと日本は平等に一緒に成長しなければならない

Estimated read time 1 min read

東南アジア国家連合(ASEAN)は現在、世界経済成長の核心に成長している。 実際、地域別成長率は大々的な構造調整圧力を受けてきた中国を凌駕した。 ASEANの力はどこから来るのか?

東南アジア10カ国で構成されたこの国は、合計450万平方キロメートル(世界陸地面積の3.2%)に達し、人口は6億8千万人で、世界人口の8.5%に相当します。 国内総生産(GDP)は世界3、4位の経済大国であるドイツや日本と対抗する。

特にGDPの面では、インドネシアは20年ほどで日本を凌駕する可能性が高いです。 多くの日本人は、ASEANに日本より一人当たりGDPが高い2つの国が含まれていることを知らないでしょう。

20世紀の終わりに、アジアには非常に洗練されたサプライチェーンが構築されました。 当時、日本はこれらのサプライチェーンの計画と設計に重要な役割を果たし、韓国、台湾、香港、シンガポールは計画の実行の中心でした。 東南アジア諸国は部品など中間材を生産し、最終組立は中国が引き受けた。 このような分業は、経済成長を実現するための地域協力の良い事例と評価された。

しかし、21世紀が始まり、中国は地理的、人口規模を考慮して大陸などの影響力を活用し始めました。 独自のサプライチェーンを構築し、他国との貿易摩擦を深めました。

アジアは今やますますサプライチェーンを見ています。 韓国、日本、台湾、アセアン(ASEAN)、オーストラリア、ニュージーランドを結ぶ西太平洋サプライチェーンを作るためには、これを再編して強化しなければならない。

その一環として、日本はこれまで独占してきた企画と設計過程を公開し、資金提供と自由貿易守護に重要な役割を担わなければならない。

米国が中国に向けて展開する「ディリスク」は、日本をはじめとするアジア全域にも影響を及ぼしている。 もちろん、その政策は否定的な影響もありますが、肯定的な副作用もありました。

たとえば、ベトナムは現在、米国にスマートフォンを輸出している国のリストでかなり高いランクを占めています。

その主な理由は韓国企業だけでなく、中米合弁会社が生産基地を中国からベトナムに移転したためだ。 彼らは、米国が中国からの電子製品の輸入をますます抑制しているため、「Made in China」または「Shipped from Hong Kong」のラベルを避けたかったのです。

アセアン諸国の中で中国に最も強硬なベトナムがこのような状況で横材を味わっているというのは皮肉だ。

グローバル成長促進者

それでは、ASEAN経済を見てみましょう。 どこに向かっていますか?

ASEANは米国連邦準備制度(Fed)の通貨緊縮で金利が引き上げられた後、借入費用の増加と資金調達規模の減少の直撃弾を打ちました。 それにもかかわらず、ほとんどのアナリストは、ASEANがしばらくの間、経済成長のグローバルリーダーとしての地位を維持すると予想しています。

現在、このグループの非ASEAN先進国および中国との貿易依存度は非常に高く、ASEAN輸出入の約80%を占めています。 その結果、地域グループ内の貿易比率が低い。 ASEANの中産層がすぐに約2億人に増加する可能性を考えると、グループ化の大きな課題は、ブランドパワーの構築など、地域内の貿易を活性化することです。

世界の人口が2050年までに約80億人からほぼ100億人に増加すると予想される状況では、食料安全保障は必然的にはるかに重要な問題になります。 この点で、ASEANは非常に高い食料自給率のおかげで良い位置にあります。

ASEANには地理的な利点もあります。 これは、今後の世界経済の2つの柱である中国とインドの間に位置するためです。 中国とインドは歴史的要因により完全に和解する可能性は低い。 ASEANは、バランスをうまく維持しながら、両国との協力関係を築くことができます。

ASEANの多様性は、さまざまな問題においても強みを提供します。

加盟国の政治体制は、絶対君主制や立憲君主制から独裁民主主義、大衆民主主義、社会主義に至るまで多様です。 ASEANはもともと地域内の共産主義の広がりを防ぐために設立されて以来、画期的な変化を経験しました。

宗教において、アセアンは仏教徒、キリスト教徒、そして厳格で寛容なイスラム教徒が共存する場所です。

この地域の性平等は日本と韓国よりはるかに進展していますが、これは一部の富裕層に限定される可能性があります。

私は一度はASEAN加盟国と日本、中国、韓国の財務省と中央銀行関係者が参加したASEAN+3会議に出席したことがあります。 参加者は26人(男13人、女13人)でした。 日本と韓国の出席者4人はいずれも男性であり、アセアン加盟国2カ国は女性だけ代表した。 ASEANの多くの地域では、女性はさまざまな分野で活動しています。

日本人は自然に自分をアジア人だと思う傾向があります。 しかし、中国をはじめとするアジア大陸の様々な国で見ると、日本は北東の海に浮かぶ小さな島国、つまりアジアの変方に過ぎない。

日本は19世紀に米国を経て西ヨーロッパの産業革命に沿って産業化を始めた。 つまり、日本は「極西区国家」として成長の道を磨いたわけだ。 アジア大陸諸国と協力する極東国家として成功を収めなかった。

安定感

第二次世界大戦当時、日本はアジア諸国と不幸な歴史を残した。 日本の人々は何が起こったのか忘れてしまったとしても、これらの国の人々はそうではありません。 実は今でも日本への勝利記念日を記念する国々がいます。

このような悪意を克服するために、当時、日本首相福田武雄は、1977年にマニラで演説を通じて、日本の東南アジア外交に対する福田ドクトリンとして知られる3つの原則を提示しました。

福田は日本が「軍事大国の役割を拒否する」と約束した。 東南アジア諸国の「真の友人」として、彼らとの「心と心の理解」に基づいて両国関係を強固にします。 ASEANの「同等のパートナー」として「東南アジア全域の平和と繁栄の構築に貢献」します。

周辺国と絶えず対立する中国とは異なり、これら3つの原則は安定感を造成する。 こうした原則に基づき、日本はASEANが過剰な経済的不均衡を減らし、地域内の接続を改善し、バランスの発展を促進するのに役立った。

例えば、日本は、ベトナムからミャンマーに至るインドシナ半島の東西道路建設を支援した。 これは、半島に南北道路を建設しようとする中国主導プロジェクトと競争するためのプロジェクトでした。 この方法は、経済通路に沿った国々がお互いの違いに焦点を当てるのではなく、一緒に働くことを可能にするのに非常に効果的でした。

ASEANは、安全保障を確保し、経済地帯を完全に維持するために、日本、アメリカ、オーストラリア、中国、インドと同等の関係を維持しようと努力すると予想されています。

同時に、地域グループはこれらの非ASEANパートナーのそれぞれの強みをさらに活用するために動いています。 ある意味、これはASEANの自然で正しい立場です。


渡辺宏

渡辺は東京に本部を置く国際通話問題研究所所長だ。 以前は、国際部財務次官、日本国際協力銀行総裁、最高経営者を歴任しました。


読売新聞3月17日付日本語記事原文が掲載されました。

READ  Apple Watch Series 6の第一印象血中酸素測定機能と新しいバンドソロループに注目| TechCrunch Japan
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours