トップニュース

AstraZeneca、Nipro、日本でCOVID-19ワクチンの供給契約を締結

AstraZeneca Plc(AZN.L)とNipro Corp(8086.T)は、日本で英国 – スウェーデンの会社のCOVID-19ワクチンを供給することに契約を締結したとNiproは水曜日に発表した。

注射器や医療機器の主要メーカーである東京に上場されたニプロは、次の月に開始予定の注射をバイアルに満たし包装する契約と述べた。 日本政府は、6000万人に十分なAstraZenecaワクチン1億2千万回を確保することで合意しました。 もっと読む

この写真はModerna Inc(MRNA.O)が開発した画像と一緒に金曜日に正式に承認されました。 AstraZenecaのスポークスマンはNipro取引、日本のDaiichi Sankyo Co(4568.T)とKM Biologics Coと既存の取引に三番目の会社を追加して、準備や病気の容量を追加すると言いました。

日本のAstraZeneca容量は、最初に米国から輸入された希釈されていない溶液から派生します。 供給はJCR Pharmaceuticals Co(4552.T)、およびその他の現地パートナーが約9万容量を生産して徐々に日本のメーカーに移動されます。 もっと読む

日本は2月中旬にはほとんどの主要経済国よりも遅れて接種を開始しており、Pfizer Inc(PFE.N)とBioNTech SE(22UAy.DE)が開発した注射剤の輸入量を使用していました。 Modernaワクチンは、今週に大量の予防接種センターを開きながら使用された。 もっと読む

しかし、国際的に血栓への懸念が残っている中で、日本でAstraZenecaの注射を使用即時計画はありません。 AstraZenecaのスポークスマンは、線量がどのように使用されるのかは、日本政府にかかっていると述べた。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  井上直哉ファイトマネー1億円 - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close