AtamifujiはHoshoryuを制圧し、福岡で12日目をリードした。

Estimated read time 1 min read

若手の水田富士が九州グランド相撲トーナメントで圧倒的な勝利を収め、リーダーを守りました。 大関 木曜日のホショリュ。

8番 前ヶ島 – 9月引き分け後半でサプライズタイトルを獲得した – 霧島大関と10-2で共同先頭を占めました。 関わけ 琴乃若は福岡国際センターで12日目のもう一つのハイライトマッチを繰り広げます。

ホショリュウの4回目の敗北で、彼は順位表から落ちた。 最初は熱海富士を後ろに吹き飛ばしてしまいましたが、マガシラが端を押し出して状況を覆しました。

21歳の熱海富士は、9月の大会で11-4で共同最高記録を立て、チャンピオンシッププレイオフで大関高慶ショーに敗れて、あまり滞在しなかったと語った。

「私はただ今回のトーナメントに集中している。今はあまり興奮しないだろう」と彼は言った。 「その時だった。多分その経験が私に役立つかもしれない」

霧島は一晩共同リーダーである琴乃若(9-3)を制圧した後、しばらく首位を守りました。 どちらのレスリング選手もベルトホールドを探している中で強いグリップを確保し、これを使ってより重い相手をわらの上に押し出したのはモンゴル人でした。

高慶翔は関わ若本春(4-8)を押し出して15日間のトーナメントで敗北記録を立てて8-4に向上した。

関わ大栄ショーは5番緑富士を8-4に押し付け、8-4で優勝記録を確定した。 コムスビーアビ(5勝7敗)は横に滑り、2位の明星(3勝9敗)を押し出して優勝希望を守った。

前日、先頭を出した14番市山本も4番にさせる(6-6)を押し出して9-3で1勝を維持した。

READ  カントリースポーツブレックファストから集めやパシフィカの最初のメジャー移籍クリスティアンリルリイパノラマ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours