経済

auの新サービス発表会、「iPhone 12を使用する場合au」とされるサービスに – 携帯電話Watch

KDDIは16日、新サービス発表会を開催した。 29歳以下のための新しいサービスやiPhone 12の発売に関連したサービスを紹介した。

今回の発表会の模様を中心に報告する。

iPhone 12 “ハードリーズナブルな価格でいた”

KDDI代表取締役社長高橋誠

発表会には、KDDI代表取締役高橋誠氏が登壇。 まず、「iPhone 12シリーズ」auから発売に言及した。 この発表会は、23日発売の「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の価格が発表された。

機種変更で新しいキャンペーン「5G秋トークキャンペーン」の適用で9万7930円」という価格で高橋社長は「合理的な価格になるように努力した」と語った。

また、5G対応のiPhone 12 ‘5G通信」で堪能してもらおうと、5G基地局整備を急いでいるという。 9月末現在42都道府県に領域展開しており、年内にすべての都道府県で領域拡張2021年末には人口カバー率90%を目標にする方針を発表しました。

高橋社長は4GLTE周波数の一部を5G通信でも使用できるようにすることについて、「総務省の了解を得ることができたので、既存の周波数の5G化で領域拡張を拡大していく」と述べた。

質疑では、既存の周波数の5Gオープンについて「地域の地図で「5G用の周波数」と「専用周波数」で領域を分けて説明する予定はありますか?」と「既存の周波数の切り替えで4Gユーザーに不利益ではないか」という質問があった。

「地域の地図」について、KDDI個人事業本部パーソナル企画総括本部次世代事業企画部長長谷川伝達氏は「5G用周波数」と「専用周波数 “のサービスエリアは、別に説明する予定だった。

KDDI個人事業本部松田浩路さん

「4Gユーザーへの影響」についてKDDI個人事業本部パーソナル企画総括本部副社長総括本部長松田浩路氏は4G端末は、既存の周波数の両方を使用することができるため、従来の周波数の一部を5Gと共有しても、他の周波数で十分にカバーすることができるとの考えを示した。

自動的に5G体験できる「au 5G経験 “

高橋社長は、AppleのiPhone 12発表イベントに米国キャリア」ベライゾン」が参加していたことについて言及し、「iPhone 12」は、Appleとキャリア徹底練習してネットワークを最適化してコメントした。

その上で、auのネットワークは、Appleと統合(統合と調和)して、ネットワークを「ベストチューニング」することができたという。

したがって、高速スループットと長時間バッテリ駆動を両立することができたという。

また、auのネットワークでは、だけでなく、コンテンツを自動的に高画質で「au 5G環境」機能を提供する。

この機能は、auの5Gデータ無制限の使用料金制を契約するユーザーがauの5G領域で通信していると認識すると、動画コンテンツが自動的に高画質化するということ。

例えば、動画配信サービス「テラ社」は、既存のHD画質で配信するが、この機能は自動的にフルHD画質に変換視聴することができる。

「Apple Music」のミュージックビデオと「FaceTime」ビデオ通話に加えて、23日から「テラ社」、11月に「SPORTS BULL “12月以降に「smash」のような機能をサポートする予定です。

また、この機能は、コンテンツプロバイダが、高精細のコンテンツを提供していないと動作しません。 Appleは、すぐにAPIなどで定義された公開されるし、KDDIも有用な情報などを出したいとした。

質疑で「Androidに配布する予定 “”他のコンテンツの対応計画」についての質問があった。

「Androidに配布する予定」の内容は、検討段階であるが、今後提供できるようにする方針だと明らかにしたした。

「他のコンテンツの対応計画」についても、コンテンツ提供者通りに、この機能の利点を理解してもらい対応していくとしている。

高橋社長によると、この機能はiPhone 12シリーズの優れた機能と5Gデータ使い放題プランと良いところを歩いて合わせて拡張することができるサービスだという。 また、サービス自体がおととい発表されたばかりなので、他の参加者の動向を知ることができないとしながらも難しいAPIはならないと考え、積極的に声をかけてコンテンツを増やしていきたいと述べた。

auだけの時計番号

高橋社長は9月に発表されたApple Watch SERIES 6に関しては、新機能「ウォッチナンバー」は、日本ではauのみをサポートすることをアピール。 高橋社長は、スマートフォンがない家族のApple Watchを利用してもらう家族の安否を確認することができるようにした。

Apple Watchは、特に医療関連機能が充実していることを取り上げた。 高橋社長はApple Watchに搭載されている「トイレの機能」に注目しているという。

トイレの機能は、トイレを自動的に検出し、一定の時間トイレをするとApple Watchが賞賛してくれる機能。

高橋社長は、自分があまりにもトイレをしないと、奥さんに指摘されると「これからの妻ではなく、Apple Watchに怒られながらトイレになるかも」と冗談を交えた。

同社は、Apple Watch取り扱い店舗数を従来の約550店舗で1400店舗に拡大し、ポイント還元施策などにより購入しやすくなるアピールした。

サブブランドではなく、マルチブランド

最後に、高橋社長は、KDDIの携帯電話事業全体についた。

10月からUQmobileはKDDIのブランドの一つとしてサービスを提供している。

高橋社長は「UQmobile」はサブブランドとして知られているが、我々は、マルチブランドとしてUQはUQでサービスを展開していくと述べた。

また、高橋社長自身が以前発言した」サービスがネットワークを選択時代」という言葉に触れ、今回は「iPhoneもネットワークを選択時代」と「iPhone 12を使用する場合au 5G」とユーザーが選択されるようにしていきたい意欲を見せた。

主な質疑

主な質疑を扱う。 回答者は、代表取締役高橋誠氏(以下、高橋社長)、KDDI個人事業本部パーソナル企画総括本部副社長総括本部長松田浩路氏(以下、マツダ氏)、KDDI個人事業本部パーソナル企画総括本部次世代事業企画部長長谷川伝達氏(以下、長谷川さん)の3人。

5G契約数について

5G契約数が停滞しているはずなのに、乗り換えに障害になっていることがあるのか​​、それをどのように改善していくのか?

高橋社長
具体的な数字は出せないが、第1Qから伸びてこなかった。

ラインナップは、集めてきたつもりですが、地域がまだ狭く乗り換えが進んでいないと考えている。

今後出すスマートフォンは、すべての5G対応機器であるため、年末の目標である200万台を目標にしっかりと努力したい。

携帯料金引き下げについて

政府が携帯電話料金の引き下げについて努力しているが、KDDIにどのように受け止めているか。

高橋社長
「9月25日(Android新モデル発表会)での姿勢は変わらない。首相の指摘は、国際的に遜色のない料金と考えている。

事業者間の競争を促進する政策を取りまとめることも分かった。

高橋社長
料金だけでなく、乗り換えなどの政策が発行されたものと考えている。 それら待って、競争促進のルールをよく合わせており、国際的に遜色のない料金を出していく。 首相も急いでいるもので、12月、1月という時期ではなく、(近い将来)を示しているではないか」

ドコモの完全子会社化

NTT(持株)がNTTドコモを完全子会社化すると発表した。 これに対して、移動通信市場にどのような影響があるのでしょうか? 高橋社長バトアドゥルイゴウン?

高橋社長
(NTT)は、「基本的にNTT法の条文に抵触しないため問題ない」と主張しているが、審議会の答申と政府の閣議決定では、分割によりドコモのシェアを薄くしていく方向にあったもの。 急転直下の政策に非常に驚きました。

(KDDIで)意見を収斂する段階では、総務省の意見を出していく。

まず、公正な競争が阻害されないか 5Gは、光ファイバの重要度は、特に高く、公正な競争を確保することができるかどうか、(総務省と)しっかり議論を重ねていく。

この件に関しては、別途の機会を作って話をしていただきたいと思い競合状態を阻害することがあってはならないので、しっかりと主張したい。

iPhone 12 SIMカードについて

個人事業本部長谷川伝達さん

Apple Storeなどで購入したiPhone 12、auのネットワークで使用している場合は、SIMカードの交換が必要であるはずなのに、これはお店の混雑などの懸念事項があるかその解決策は何ですか?

長谷川さん
現在の電話に対応できるように準備している。 ユーザが電話で申請していただければ店頭に行かなくてもSIMカードをiPhoneで利用できるように案内する。

READ  ヤマハ、10年ぶりの新しいデザインは、内部回路を一新のAVアンプ「RX-V6A / V4A "4.5万円から - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close