技術

AWSが監視ツール「Prometheus」マネージドサービス」Amazon Managed Service for Prometheus(AMP)」を発表し



AmazonのクラウドサービスAWSより監視ツールプロメテウスをサービスとして提供する「Prometheus(AMP)のAmazon Managed Service」が発表されました。AMPを利用することにより、ユーザーは、冗長性とセキュリティなどのインフラ管理をAWSに任せPrometheusによるシステム監視に集中することができます。

事前に開始 – Amazon Managed Service for Prometheus(AMP)| Amazon Web Servicesブログ
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/join-the-preview-amazon-managed-service-for-prometheus-amp/


PrometheusのAmazon Managed Serviceを開始する| AWSの管理とガバナンスのブログ
https://aws.amazon.com/jp/blogs/mt/getting-started-amazon-managed-service-for-prometheus/

PrometheusはSoundCloudが開発したシステム監視ツールで2016年クラウドネイティブ・コンピューティング財団(CNCF)寄贈されたオープンソースプロジェクトとなった。 Prometheusは監視対象からデータを収集するPull型アーキテクチャを採用しており、構築が簡単に点が特徴。 Yahoo! JAPANのAbemaTVような大規模なサービスの導入実績があります。

そのPrometheusをAWSが提供する「Amazon Managed Service for Prometheus(AMP)」のプレビュー版がAmazonの技術イベント “AWS re:Invent“で公開された。AMPは、通常のPrometheusのような認識とPromQL言語を使用できる完全な互換性を持っており、150以上のPrometheus Exporterに対応していること。AMPは、複数可用性の領域間で実行されているので、Prometheus運用時の課題である冗長性を確保することができます。 また、大規模なシステムのための拡張性のために皮質によって実現されています。

記事の作成時点では、AMPはプレビュー版であり、その地域も欧州(アイルランド)、欧州(フランクフルト)、アメリカ東部(バージニア北部)、米国東部(オハイオ州)、アメリカ西部(オレゴン)に限定されているが、AWSアカウントがあれば申し込み不要で使用することができます。

PrometheusのAmazon Managed Service(AMP)
https://console.aws.amazon.com/prometheus/home/

まずAWSにログインした状態で、上記のURLにアクセスして、作業スペースの名前を入力し、「作成」をクリックすると、……


ワークスペースが作成されました。 ここに示されている書き込みエンドポイントに既存のPrometheusサーバーで認識を送ってクエリのエンドポイントで認識を読み取ることができます。 また、データの転送は、AWS署名バージョン4が必要なため、インターネットを介してPrometheusを利用する場合にも、安全意識を転送することができます。


記事の作成時点ではAMP自体にメトリック収集機能はないので、AMPの性質は、全体のPrometheus管理サービスではなく、「Prometheusリモートストレージ」に近い感じました。AMPの利用形態としては、と専用Prometheusを監視ノード上で実行させてAMPに認識を送信するなどの方法が考えられるでしょう。また、AMPの利用にかかる費用は、次のものがあります。

・最初の20億サンプル:0.002ドル(0.21円)/サンプル
・次の500億サンプル:0.0015ドル(0.16円)/サンプル
・520億サンプル以上:0.001ドル(0.10円)/サンプル
・認識ストレージ:0.03ドル(0.31円)/ GB
・クエリの処理にかかる時間(QPM):0.142ドル(14.71円)/ QPM

AMPを利用し始めて最初の90日間は、次の条件を満たせばAMPを無料で利用することができます。

サンプル数:4000万サンプル以内
・クエリの処理時間のトータル:60分以内
・統計データサイズ:10GB

また、AMPの発表と同時に、Prometheusメトリック視覚化によく使用される「Grafana」のAWS管理サービス」GrafanaのAmazon管理サービス“も発表されており、AMPと連携して使用することができます。

Amazon Managed Service for Grafana(プレビュー)導入| Amazon Web Servicesブログ
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/announcing-amazon-managed-grafana-service-in-preview/

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  ブローカー手数料が高すぎるか?

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close