Azizulhasniは日本に対して勝利を収めた。

Estimated read time 1 min read

ニーライ、5月3日 – 国内トラックサイクリングエースDatuk Mohd Azizulhasni Awangは、今夜マレーシア国立ベロドロームで開催されたASEANトラックシリーズレースのスプリントとケリンイベントの両方で金メダルを獲得し、独自のクラスにいることを示しました。

これは3月上旬、2024オーストラリア全国選手権大会で競輪銅メダルを獲得した後、2017年世界競輪チャンピオンの初の競争レースであり、今月日本での訓練と競争に完璧な動機を与えました。

広告する

広告する

今日のレースでは、ポケットロケットマンというニックネームを持つMohd Azizulhasniが、決勝で同僚の国家代表ライダーであるMuhammad Ridwan Sahromを破り、スプリント種目で最初の金メダルを獲得しました。

2020年東京オリンピックのケイリン銀メダリストは、ケイリン決勝戦を席巻し、2番目の金メダルを獲得し、国家代表サイクル選手であるアマド・サフワン・アマド・ナゼリ(Ahmad Safwan Ahmad Nazeri)とインドネシアのディカ・アリフ・デンタカ(Dika Alif Dhentaka)それぞれ2位と3位を占めました。

「今日、私は訓練日のようにレースに参加しました。月曜日(5月6日)に2回のチャンピオンシップのために日本に行く予定だったからです。実際の競争は日本とオーストラリアのサイクリストを含む多くの挑戦者がいるところです。

「最高の状態でも(完全な)レース装備でもない状態でも9.8秒を記録できた最後の200メートルのタイミングを見てよかったです。John(Beasley、国家代表コーチ)も私のタイミングに満足しています」 レースが終わった後に言った。

Mohd Azizulhasniは、日本で5月20日から24日まで開催される全国トラックサイクリング選手権大会を準備するために、帰国する前にさらに集中的な訓練を続けると述べた。

一方、女子大会では、若い国内陸上サイクルスターNurul Izzah Izzati Mohd Asriがスプリントとケイリンの両方で金メダルを獲得しました。

7月のオリンピックデビューを控えた20歳の選手は、スプリント決勝で仲間の国家代表ヌルル・アリアナ・シャピカ・アジザン(Nurul Aliana Syafika Azizan)に勝ち、ケリン決勝でも優れた技量を維持し、第2金メダルを獲得しました。

「全体的に私の競技力は大丈夫でしたが、技術や戦術などのマイナーな部分をさらに改善したいと思います。今日は快適な状態になる余裕がなくて全力を尽くしました。

Mohd Azizulhasni、Nurul Izzah、Muhammad Shah Firdaus Sahromは、7月のパリオリンピック出場資格を得た3人の国家代表サイクル選手です。

明日もここでASEANトラックシリーズレースが続く。 — ベルナマ

READ  長年のNeoPhoenix契約締結後、日本に長く滞在Thirdy
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours