B-Boy Leeが初のメジャータイトルを獲得し、日本が上海オリンピック予選シリーズで女子時代を席巻しました。

1 min read

B-Girls あゆみ、亜美、梨子が女性種目で全日本的な問題を作りました。

男子部では日本選手一人が授賞台に上がりましたが、女子部ではビガールズ(B-Girls)が日本を完勝して引き分けで終わりました。 あゆみアミ そして リコ 日本のビガールがパリ2024で得られる最大2桁を置いて激しい競争を行いました。

上海ではビーガールあゆみが数歩先に進んだ。 チームのベテランである彼女は、40歳の時に40人のB-Girl競争の分野でトップに上るのに必要なすべての動きを備えていることを証明しました。 これらのほとんどは自分の年齢の半分にもなりません。

決勝戦では、あゆみが別の巧妙な競争相手である2022年、世界チャンピオンのビーガール・アミ(B-Girl Ami)と対決しました。 お互いをよく知っている日本の秘密は、一連の善良なやけどとシグネチャーの動作交換で戦闘を終えた後、最後の音符で抱擁しました。

数回のミスでアミが勝ち、アユミが3-0で勝ちました。

ビーガールあゆみは「21歳の時からブレーキを始めた。 遅く始めて長兄だが、それほど老いたと感じられない」とし「経験もあるが、その経験も上げなければならない。 (大会で)常にアップロードする必要があります。 これが私の新しい経験です。

「いつか私がオリンピックに出場することになるとはまったく考えていませんでした。これは私たちに新しいことです。この過程に参加することができて本当に嬉しいです。」

小規模決勝戦ではチーム仲間であるB-Girl Rikoが3位を占めました。 ビーガール Logistx。 米ビーガールは連続スプリットで印象的な柔軟性を披露したが、無限のエネルギーを使って2-0で勝利した日本の17歳の少女に勝つにはまだ十分ではなかった。

READ  IAEA関係者、福島第1原発放流検討のために来日
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours