トップニュース

BA.2サブバリアントは、日本でコロナウイルス症例の90%を示す可能性があります。

オミクロンのBA.2バリアントは、米国で新しいコロナウイルス事例の約90%を占めるようになったと保健省の専門家パネルが水曜日に示した。

パネルは金曜日から始まるゴールデンウィーク連休期間中、普段より多くの人々が旅行を離れると予想されるほど徹底した防疫措置を促している。

2022年4月25日、東京銀座地域でコロナウイルス予防のためにマスクをかけた人々が歩いている。 (刑務所)==刑務所

パネルの責任者である菊田圭司(Takaji Wakita)は、「連休が感染の増加につながる可能性が非常に高い」と述べた。

水曜日の1日の新しいCOVID-19事例は合計46,267人で、前日より約6,000人が増加し、首都東京は6,052人の事例を記録しました。

一方、パネルによると、先週国内の新規確定者数は全州比9%減少し、2週連続減少傾向を見せた。

一部の地域では増加傾向を示しているが、全国的にケースが減少する傾向にあり、大都市では著しく減少しているとパネルは述べた。

これとは別に厚生部はコロナ19の6次流行が日本を襲った1月から3月まで自宅で555人が死亡したと明らかにした。 このうち39%がコロナ19ワクチンの二次接種を受けた。

READ  日本の自衛隊は、より多くのパートナーと一緒に週2回のトレーニングを実施します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close