Bangkok Post – ファンが日本の巨大な動くガンダムに別れを告げた。

Estimated read time 1 min read

横浜:ファンは日曜日、東京近くの横浜で開かれた展示会が延長展示を終えて終了するにつれ、日本SFアニメシリーズに登場するロボットをベースにした「実物大」の動くガンダムモデルにさよならを言いました。

手足が動く18メートルの高さの巨大ロボットは、2020年12月にガンダムファクトリー横浜で展示が始まった後、ドックから出て様々なポーズをとり、世界中のファンを魅了してきました。

この光景は、1979年から始まったTVシリーズの初放映40周年を記念するプロジェクトの一環として始まりました。

36個の可動部品で構成されるモデル展示は、ファンの要請により元々締め切りの2022年3月を2回延長しました。

東京に住む40代夫婦は、もはやモデルを見ることができず残念だとし、巨大ロボットが何とかどこかに保存されることを願っていると話した。

アニメ『機動戦士ガンダム』の富野吉幸総監督が夕方に開かれた閉幕式でファンに感謝挨拶を伝えた。

イベントの主催者によると、展示会中に175万人を超える人々が山下桟橋の現場を訪問しました。

宇宙と地球で戦争を繰り広げる巨大ロボットを中心に展開されたこのアニメーションは、ビデオゲームやプラスチックモデルを含む成功したフランチャイズを生み出しました。

READ  [TGS 2020]シリーズ初の連続CGドラマ「バイオハザード:インフィニットダークネス」が2021年からNetflixで世界中独占配信に。 ティーザーPVが解禁
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours