Baseload Power Japan、早稲田大学で地熱事業事例大会を開催

1 min read
Baseload Power Japanと早稲田大学は、日本の地熱エネルギー開発に焦点を当てたビジネスケース大会を共同主催しました(出典:Baseload Power Japan)

Baseload Power Japanと早稲田大学は、日本で地熱に対する認識と受け入れを高めるためのビジネスケース大会を共同主催しました。

ベースロードパワージャパン(株)Ltd.はスウェーデンの子会社です。 ベースロード資本最近、ビジネスケースコンテストを共同主催しました。 早稲田大学のグローバル経営プログラムです。 今回のイベントは、日本の地熱エネルギー開発に焦点を当て、早稲田大学上科大学で行われました。 今回の行事には早稲田大学と香港科期待学生約130人が参加した。

今大会のテーマは 「日本地域社会の地熱エネルギーに対する認識と受け入れの強化」 最終段階では、22チームのうち4チームがプロポーザルを提出し、残りのチームは
学生たちは地域住民、政府公務員、NGO、温泉所有者の役割を引き受け、発表者に質問を投げる役割をしました。 審査熟考の末、一チームが優勝者に選ばれました。

Baseload Power Japanが早稲田大学で開催したビジネス事例競進大会優勝チーム(出典:Baseload Power Japan)

スウェーデン大使館参事官兼公館副局長のヨハンナ・リンキスト(Johanna Lindquist)が今回のイベントの基調講演者として参加し、化石燃料のない転換と持続可能なエネルギーに対するスウェーデンの経験を共有しました。
ポリシー。

「スウェーデンの初期脱炭素化努力は、より強力な経済成長につながりました。」 彼女は出席者に話した。 「持続可能性は、ビジネスに競争優位性を提供し、関係するすべての当事者にとって長期的な勝利です。 社会のあらゆる部分が一緒に働くことが重要です。」

早稲田大学で開かれたビジネス事例 競進大会で基調演説をしているJohanna Lindquistスウェーデン大使館副局長(出典:Baseload Power Japan)

今回の大会では、学生の革新的なアイデアを披露し、貴重な学習機会を提供しました。 「私たちは、実行可能なビジネスとマーケティング戦略を確立することによって、学生が実際のビジネスケースから学ぶことを奨励することを目指しています。」 早稲田大学のジェスパー・エドマン副教授はこう述べています。 「学生との協力と参加についてBaseload Power Japanに感謝します。」

「地域社会の利害関係者の意見を理解し聞くことは、日本の地熱プロジェクトにとって非常に重要です。」 Baseload Power Japanの代表取締役であるPeter Sundは言いました。

「私たちは、生徒が緑の転換と地域の活性化の2つの利点を考慮し、これが活気に満ちた農村コミュニティの作成にどのように貢献できるかを考慮するように促すことを目指しています。 Baseload Power Japanは、今後同様の計画を通じて地熱エネルギーを促進し、次世代人材を開発することに専念しています。

出典:Eメール対応

READ  日本は四半期の収益の減少を考慮しているが、抵抗に直面している
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours