BE:FIRST ‘Boom Boom Back’ ジャパンホット100 1位 – ビルボード

Estimated read time 1 min read

BE:FIRSTの「Boom Boom Back」は、2月22日付最新のビルボードジャパンホット100で1位にデビューし、チャート方法論の3つの指標を支配します。

「ブームブームバック」はダウンロード23,004件、動画週間再生回数5,010,303件、ラジオ放送1位を記録した。 また、9,445,515の週間ストリーミングでストリーミングセクターで2位になり、これらの指標で高いスコアを獲得しました。 去る8月7人組ボーイズグループの前1位シングル「Scream」はローンチ15,304ダウンロード、8,290,751ストリーム、5,015,160視聴数を記録し、2つのデジタル指標で数値が改善され、グループの人気成長を示唆しています。

探る

探る

最新のビデオ、チャート、ニュースを見る

最新のビデオ、チャート、ニュースを見る

Sakurazaka46の5枚目のシングル「Sakurazuki」は、最初の週に395,075枚の販売高を記録し、販売1位を記録しました。 このトラックはダウンロード9位、ラジオ14位、ストリーミング29位、今年Japan Hot 100で43位から2位に上がり、デジタル領域でこのリードを補完することはできませんでした。 注。 初週に452,752枚が売れたガールズグループの前作「サミダです」と比べると約5万枚ほど販売量が減った。

YU-KAの「Hoshizukiyo」は先週人気の音楽ショーであるミュージックステーションで浮上するシンガーソングライターがこの曲を演奏した後、今週のチャートで9-7位に上昇しました。 ドラマ主題歌はストリーミング(全州比56.4%増加)、ビデオ(57.6%増加)など2つの指標で改善されたメディア露出効果を見せており、ダウンロードとラジオでもポイント下落を最小限に抑えている。

Billboard Japan Hot 100は、物理販売とデジタル販売、オーディオストリーム、ラジオ放送、YouTube、GYAO!を組み合わせたものです. ビデオ視聴回数とカラオケデータ。

ここで、2月13日から2月19日までの週を集計した全体のビルボードジャパンホット100チャートを確認してください。 日本の音楽とチャートの詳細については、次をご覧ください。 ビルボードジャパン英語Twitterアカウント

READ  日本の地震で家が崩れてから5日後に残骸の中で救出された90代の女性の奇跡
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours