技術

BHP、クイーンズランド石炭JVをスタンモアに譲渡するための取引の成功

BHPは 売却を終えた Queenslandが運営する冶金石炭合弁(JV)であるBHP Mitsui Coal(BMC)の株式の80%をStanmore Resources(Stanmore)の全額出資法人であるStanmore SMCに譲渡しました。

2021年11月に署名された取引の一部として、Stanmoreは取引完了時に11億ドルを現金で支払い、運転資本に対して約2億ドルの予備完了調整を行いました。

Stanmoreはまた、2022年11月3日にBHPに現金で1億ドルを追加で支払う予定であり、潜在的な価格連携収益で2024年に追加で1億5千万ドルを支払う予定です。

これにより、最終完了調整金額に加えて、総取引考慮金額は最大13億5000万ドルとなります。

スタンモアCEOマルセロ・マトス 言った「この取引の完了は、私たちの歴史の中で重要なマイルストーンになりました。

「冶金およびPCI石炭価格は歴史的に高い水準を維持しており、Stanmoreは約1000万トンの市場性のある冶金品質石炭生産が追加され、会社にかなりの付加価値を生み出すことによってこれらの価格の恩恵を受けるでしょう。」

BHP Groupが日本のMitsuiと合弁して運営するBMCは、Bowen BasinのSouth Walker CreekとPoitrelを含む2つの冶金炭鉱を所有して運営しています。

両方の鉱山の冶金石炭生産能力は年間約1000万トン(Mtpa)です。 彼らは135Mt以上の市場性の埋蔵量を持っています。

BMCはまた、Red Mountain InfrastructureとWards Wellの開発で構成されています。

READ  米国市場は世界的に高く見えます。 心配するのですか?

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close