経済

Big Techは、日本の独占調査を開始する際に名前を付ける予定です。

TOKYO – 日本公正取引委員会は、証拠を迅速に収集し、急速に変化する市場により効果的に対応するために、プロセスの初期に大企業に対する独占禁止事件に関する情報を公開する予定です。

反独占監視団は必要と判断される場合、捜査着手時点で捜査対象者の名簿と容疑を公開する予定だ。 この変更は、木曜日に発表されたデジタル経済に関する委員会の方針に関する文書に含まれています。

Kazuyuki Furuya会長は、記者たちに、「特に急速に変化するデジタル市場の懸念に対処するために、情報収集のためのシステムと機能を改善する必要があります」と述べました。

独占禁止調査の詳細は、通常、JFTC が事件を終結するか、会社に不利益を与えるまで開示されません。 これにより、ターゲットのビジネスに影響を与えたり、証拠を破ったりする機会が提供される可能性があります。

どのように、どのような状況で発表するかなどの詳細は機関が解決します。 新しい方針に基づいて指定された企業は事前に知られています。

この情報を広く利用できるようにするには、電子商取引プラットフォームのベンダーが不利な条件を受け入れるように強制するために支配的な交渉の場所を乱用する技術的な巨大企業が関連する最近の場合など、いくつかの状況で利点があります。 そのような調査を開示すると、そのような行為で被害を受けた他の人から情報を収集するのに役立ちます。

技術産業においてビジネスモデルがどれほど急速に変化するかを考えると、機関はまた、一般的に時間のかかる背後証拠収集プロセスが違法行為を解決するのに十分速くないことを懸念している。

そして、例えば、協議の場合とは異なり、技術会社の慣行は一般的に広く知られているため、JFTCは調査の早期開示が業務にほとんど影響を与えないと予想しています。

欧州連合、イギリス、ドイツを含む市場の独占禁止当局はすでに調査対象の名前を発表しています。 しかし、企業の評判に対するリスクのために、そのための明確な基準を設けることが不可欠です。

日本の弁護士であり、独占禁止法の専門家である大斗泰雄(Yasuo Daito)は、「どの企業が調査を受けているのかを発表することは、大衆がこれを有罪の可能性があるという兆候とみなすため、彼らの活動に大きな影響を及ぼすだろう」と述べた。 「どのイベントを公開するかを選択するときは、非常に慎重でなければなりません。」

委員会はまた、必要に応じて、初期段階で、特に技術部門の買収合併事例に関する外部の意見を求める。 JFTCが毎年審査する約300件の事例のうち、技術関連企業が占める割合が増加しています。 機関は、さまざまな意見を収束し、業界のより良い写真を望んでいます。

こうした変化の一環として、JFTC は Microsoft と Google の買収提案について外部の意見を探し始めました。

JFTC はまた、該当する情報源の承認を得て、ケースレビューで独占禁止問題に関するアンケートから得た情報を使用する。

READ  日本の億万長者、12月に宇宙探査の準備

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close