世界

Blinken:10,000人IS戦闘機がシリアまだ保有している「Untenable」

アンソニーブルリンケン米国務長官は先週の月曜日クルド人が率いるシリア民主軍(SDF)が運営する収容所に1万人のイスラム教徒の国の戦士たちが拘禁されており、このような状況は、「不可能になることができない」と述べた。 。 “

Blinkenはイスラム民兵に対抗するための国際的な努力を再開するためのローマ会議の開幕式で、米国がイスラム国家の連合の78の加盟国を含む国々にグループに加入した市民を取り戻すと続け促したました。

ブルリンケンは開会の辞で「このような状況は、単に耐えることができない。無期限持続できない。米国は連合のパートナーを含む出身国に送還、リハビリと該当する場合、市民を起訴することを続け促している」と述べた。

ブルリンケンはカザフスタン、ウズベキスタン、バルカン諸国のようないくつかの中央アジア諸国が一部の市民を送還したことを褒めたが、月曜日以降の国務省高官は、会議中に新しい国が自国民を取り戻すと約束したことがないと述べた。

元アルカイダの分派であったイスラム国家は、2014年からイラクとシリアを占領して、海外支持者の公開斬首と攻撃的テロ統治を開始しました。

イスラム国家は、2017年に軍事的に敗北したことを宣言されたが後に、イラク北部地域と近隣シリアとの多孔質国境を越えて安定した反乱を起こした。

ここ数カ月の間、イラクの管理がイスラム国家武装勢力に起因した致命的な攻撃を25件以上目撃した。 1月に混雑バグダッドの市場爆撃で30人以上が死亡しました。

アルカイダとイスラム諸国と連携した武装勢力は、西アフリカのサヘル地域に数千人の地域、西方、国連軍が配置されたにもかかわらず、ここ数年の間に、さらに強力になりました。

ブルリンケンは月曜日にシリア人のための人道支援に4億4,600万ドルを追加で発表した。 シリアの内側とそれら主催する「周辺国と寛大なコミュニティ」の両方で。 国務省はどの国を指定しなかったが、米国の管理者は、これが新たな資金と言いました。

Blinkenは「この資金は、食料、きれいな水、避難所、医療、栄養、保護と教育の提供をサポートします。

Humeyra Pamukの報告; Kevin Liffey編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  トランプあくまで抵抗いくつかの州での訴訟棄却の挫折...参謀はコロナ感染 :東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close