BMW、三菱ふそ、日本のメカニック不足問題共同解決

Estimated read time 1 min read

ドイツBMW AGの日本事業部と三菱フソートラックおよびバス会社は、業界の「深刻な」労働力不足問題を解決する努力の一環として、4月に日本で自動車整備士の訓練を目指す共同プログラムを開始しました。

日本駐在ドイツ商工会議所が主導するこのプログラムは、必要な技術を習得するのに必要な一般的に、5年より短い3年ぶりに新世代の機械工を教育できるプラットフォームを提供しようとします。

ドイツの二重職業訓練システムに基づくこのプログラムでは、訓練生は自動車メーカーと契約を結び、年間70%以上を販売店や代理店で現場訓練を受け、残りの時間には学校に通うようになります。

写真は、日本の自動車整備士教育を目指し、BMW AGと三菱フソートラックとバス工事が共同で導入したプログラムのために、2024年4月4日に東京で開催されたキックオフイベントを示しています。 (刑務所)

訓練生は給与、登録金など経済的支援を受けることになり、プログラム修了後両自動車会社に就職することになる。 彼らはまた、ドイツの自動車整備士の資格を受け取るだろうと彼らは言った。

ルーカス・ヴィトスラフスキー商工会議所副代表は4月4日、東京駐在ドイツ大使館で記者たちに「専門家不足により日本とドイツの両方が様々な社会問題が発生しており、自動車産業が特に深刻だ」と話した。

彼は「このプログラムを導入することで業界に役立つことを希望する」と述べた。 最近、日本にある160社以上のドイツ企業を対象とした組織の調査で、回答者の82%が熟練した人材確保に困難を経験していることが明らかになった。

ドイツに本社を置くダイムラートラックAG(Daimler Truck AG)の系列会社である三菱ふそ(Mitsubishi Fuso)は、今年のプログラムに18人の従業員が合流すると発表し、BMWは複数の従業員を派遣する計画だと明らかにした。

商工会議所は、日本の機械会社の資格証に適合するプログラムを終えた後、資格証を発行する案を日本当局と議論する計画だと明らかにした。

業界の専門家によると、日本の自動車整備士の数は人口減少と大変で汚い職業という広く知られたイメージによって減っていると言います。

これらの傾向にもかかわらず、より多くの自動車が電気化され、洗練されたソフトウェアを搭載するにつれて、彼らの役割はますます重要になっていると自動車メーカーは言います。

ドイツでは、政府が支援する職業訓練プログラムが民間企業とのパートナーシップを通じて、ホテルサービス、倉庫管理、トラック運転など、320以上の職業カテゴリーの訓練を提供しています。

海外貿易を促進するため、海外ドイツ商工会議所はこのプログラムを海外に拡大しており、現在このプログラムを導入した国家数は48カ国に達しています。 商工会議所は、日本が初めて参加すると明らかにした。

READ  SVBの懸念を緩和することで日本の銀行が反発。 日経3日連続敗北
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours