経済

BOJ、円安の議論、4月の会議で過度の動きによる被害警告

  • 一部のBOJ会員は、過度のFX移動による損傷について警告しました。
  • ある議員は、円安が日本経済にとって良いと言った – 議事録
  • インフレ予想のオーバーシュートの可能性について取締役会の分裂
  • BOJ、4月の会議で低金利維持の約束を強化

東京、6月22日(ロイター) – 円の急激な下落は、日本銀行(BOJ)の4月政策会議で主な議論のテーマの一つであり、一部の取締役は、過度のボラティリティが企業事業計画に支障をきたす可能性があると懸念したと議論この水曜日は言った。

しかし、多くの取締役会のメンバーは、依然として脆弱な経済を支援するためにBOJの大規模な扶養プログラムを維持する必要があると強調しており、議事録によると、円の下落を防ぐために日本の超低金利を調整する必要がないという兆候でした。

BOJは、為替レートの変動を制御するのではなく、物価安定を達成するための金融政策目標を市場に伝達する必要があると一部のメンバーは述べています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

一部の議員は、「最近のように、短期間に外国為替市場が極端に変動すると、将来の不透明感が増し、企業が事業計画を立てにくくなる可能性がある」と述べた。

ある議員は、生産量のギャップが依然として大きく、基本インフレが「非常に低かった」と言った。

4月27-28日の会議で、BOJは収益率の目標を守るために毎日無制限に債券を購入することを約束することで超低金利を維持するという約束を強化し、これは円の新しい売りを促しました。 もっと読む

円安は既に高騰している燃料及び原材料の輸入費用を膨らませて経済に打撃を与えるため、日本政策立案者たちに新たな挑戦となりました。

円は水曜日早くドル当たり136.71ドルで24年ぶりに最低値を記録した。 投資家がBOJの超緩和政策と急上昇するインフレに対抗するための米連邦の金利引き上げ計画の間の対照に引き続き焦点を合わせているからだ。

ドル当たり約136.32で最後に取引された。

4月のインフレは7年ぶりにBOJの目標である2%を上回ったが、黒田春彦総裁は、物価上昇が強い需要とより高い賃金を伴わない限り、超緩和政策を調整しないと述べた。

4月の会議で、一部のBOJ理事会のメンバーは、賃金の引き上げがスピードアップし、原材料価格の長期上昇による上昇圧力を加えると、インフレが予想を超える可能性があるというリスクを指摘しました。

しかし、他の人は同意しませんでした。

ある議員は「日本の通貨政策の課題は、米国やヨーロッパのようにインフレを抑制するのではなく、依然として低すぎるインフレを克服することだ」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告Kim Changran&Shri Navaratnamによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Lucence、早稲田大学と協力して、がん検診のための統合された液体生検プラットフォームの開発

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close