BOJ、地域日本経済への楽観的、賃金引き上げの見通し

1 min read
  • 多くの地域経済が緩やかな回復傾向 – BOJレポート
  • BOJは、9つの地域のうち1つの地域の見解を高め、8つの地域の評価を維持
  • 賃金引き上げを検討する企業、慎重な企業 – BOJ

東京、10月6日(ロイター) – 日本中央銀行は、四半期報告書で日本の地域経済の大部分が一部企業の賃金引き上げを考慮しながら緩やかな回復傾向を見せていると明らかにした。

木曜日に発表された報告書では、日本銀行(BOJ)は日本の9つの地域のうちの1つに対する評価を高め、残りの8つの地域については見解を変更しませんでした。

BOJは「多くの地域で供給制約が緩和され、経済が緩やかな回復傾向を見せた」とし、「企業はコロナ19感染症例が減少し、消費が回復するのを見た」と述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

BOJは「高い収入を享受していたり​​、労働力不足に直面した企業が夏のボーナスを引き上げたり、来年春の賃金引き上げを検討している」と話した。 一方、一部企業は原材料費の上昇など経営環境が厳重で賃金引き上げに慎重だという立場を見せた。

BOJは、急上昇するインフレに対抗するために緊急通貨政策を展開する世界中の中央銀行の間で依然としてアウトライヤです。

消費者物価上昇率が目標値である2%を超えたが、黒田春彦BOJ総裁は、中央銀行が超緩和政策調整を考慮するためには最近のコスト引き上げインフレがより高い賃金引き上げを伴わなければならないと強調した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告。 Tom HogueとLincoln Feastの編集。

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  エメラルドオイル、日本に営業事務所を設立
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours