BOJ、超低金利維持予定、インフレオーバーシュート信号かもしれない

Estimated read time 1 min read
  • BOJ、2日間会議開催、6月16日決定予定
  • BOJは利回り管理方針を調整しません。
  • 緩やかな景気回復の見通しを維持
  • BOJ、価格f’castsで7月アップグレードのための基盤を設ける
  • 上田知事、政策会議後のブリーフィング

東京、6月09日(ロイター) – 強力な企業や家計支出が海外需要の鈍化による打撃を緩和するにつれて、日本銀行(BOJ)は来週、非常に緩い通貨政策を維持し、緩やかな経済回復の見通しを維持すると予想なる。 言った。

中央銀行はまた、インフレが予測を超えていることを知らせることができます。

しかし、上田和雄BOJガバナーは、持続可能な賃金の上昇が価格の上昇を伴うまで非常に緩い政策を維持する必要性を強調しているため、インフレ見通しのアップグレードは自動的に金利の引き上げを引き起こす可能性は低い。

上田氏は、金曜日の議会では、企業の価格設定方法が予想よりもインフレをさらに引き上げることができる変化を示していると述べた。

BOJの考えに精通したある消息筋は「消費が経済を支え、裏付けるようだ」と話した。

しかし、BOJは最近肯定的なシグナルが持続するように経済を支援し、日本が2%のインフレを持続可能に達成するのを助けなければなりません。

6月16日に終了する2日間の政策会議では、BOJは-0.1%の短期金利目標とYCC(収益率曲線制御)政策に基づいて設定された10年満期債権利回り上限の0%を維持すると見られます。 、消息筋は言った。

消息筋は、米国と中国の需要不振を反映して、BOJが去る4月の会議よりも輸出と生産量に対してやや暗い見通しを提示できると述べた。 4月には輸出と生産が横歩していると明らかにしました。

しかし、BOJはファンデミック以後の消費回復が輸出鈍化を相殺するにつれて、世界3位の経済が緩やかな回復傾向に向かっているという見解に固執すると述べた。

BOJは来週に新しいインフレ予測を出さないだろうが、これはおそらく上田の会議の後、ブリーフィングでインフレが初期の予測を超えているという兆候かもしれないと消息筋は言った。

日本経済は堅固な資本支出と堅調な内需に支えられ、第1四半期に予想より高い2.7%成長を記録しました。

企業が引き続き価格を引き上げながら、4月のソース消費者インフレは3.4%を記録し、2024年3月に終わる現会計年度後半にインフレがゆっくり2%下に戻るというBOJの見解に疑問を提起しました。

BOJが国内需要中心の価格動向を綿密に観察した新鮮食品と燃料の影響をすべて除去した指数は、4月に前年比4.1%上昇し、40年ぶりに最速を記録した。

2番目のポストは「実際のインフレがBOJの初期予測をやや超えている」と述べた。 「BOJは、インフレ超過リスクと日本経済を襲う深刻な海外低迷リスクの両方に警戒しなければなりません。」

多くの企業が物価を引き上げ続けている中で、BOJは7月にある次の四半期別レビューでインフレ予測を上方修正することが広く予想されています。

4月の予測で、BOJは今回の会計年度のコア消費者インフレが1.8%に達すると予想したが、これは最近ロイター世論調査で予想した2.6%よりはるかに低い数値である。

報告:Leika Kihara; Takahiko Wadaの追加報告。 キムコギル編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  2020年の実績は、ワクチンが日本企業の間で注意を軽減ながらトリプルダウングレードをアップグレードします
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours