BOJが現状維持に固執するにつれて、日本の利回りは政策上限を超えた

1 min read

東京、1月18日(ロイター) – 日本銀行(BoJ)が満場一致で収益率曲線統制を維持することを決めた後、水曜日の日本国債収益率は中央銀行の政策上限である0.5%を上回りました。

黒田春彦日本銀行ガバナーとその仲間たちが、水曜日の会議から収益率​​曲線統制(YCC)への追加調整から完全な放棄まで変化をもたらすと期待されていました。

ベンチマークの利回りは0250 GMT現在0.51%に1bp上昇しました。 現金債券に対する比較的変動の激しいセッションでは、収益率は保税で出発した後、かつて0.485%で最大1.5bp下落しました。

三菱UFJモーガン・スタンレー・セキュリティのナオミ・ムグルマ選手市場エコノミストは、「バンドを再び拡張したり、YCCを終了した場合、収益率が上昇し、これは事実上金利の引き上げになるだろう」と述べた。

「それは政策委員会の意図ではない」

BOJが10年満期のJGB収益率の許容範囲を0%政策金利両側の50bpで倍増し、市場に衝撃を与えてわずか1ヶ月が過ぎたが、表面的には市場機能を改善するため、こうした変化により投機者は銀行の決意。

10年の収益率は引き続きBOJの上限を超え、毎日0.5%の限度で締め切りました。 金曜日には0.54%の7-1/2年最高値を記録しました。

10年のJGBプレゼントは政策決定当時の正午休憩にありました。 最後に0.19ポイント上昇した145.03でした。 2014年3月以降、初めて金曜日に144.15まで落ち​​ました。

BOJの利回り防御

($1 = 128.2200円)

報告:Kevin Buckland; Ankur BanerjeeとRae Weeによる追加報告。 Bradley Perrett、Sam Holmes、Edmund Klamannによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ユナイテッド航空 35便 日本行き、サンフランシスコから離陸後タイヤ紛失
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours