BOJの上田「円安は日本経済だけに否定的なものではない」

1 min read

(ブルームバーグ) – 上田一雄日本銀行総裁は、円安に肯定的な面と否定的な面の両方があると言って、円に対する懸念が高まっているにもかかわらず、当分の間、扶養策を変わらず維持するという意志を示唆しました。

Bloombergで一番読んだこと

円安が輸入価格を上げて負の経済的影響を増幅するのは事実だが、これはまた、国内支出を含む輸出を促進し、グローバル企業の利益を高めるのに役立つと上田は金曜日議会での質問に対する回答で述べた。

上田は「現在円安が経済に否定的だと確かに言うのは難しい」と話した。

BOJの観察者は、特に上田が7月の利回り曲線制御プログラムを調整する前に銀行が考慮した要因が為替レートの変動性であることを認めた後、円の方向を綿密に観察しています。 しかし、円の現状について中立的な立場をとることで、上田首相は現時点で浮揚策の余地がまだ残っていることを示唆しているようです。

上田首相は、金融緩和が円の価値の下落を引き起こし、家計へのインフレ打撃を悪化させるという議員の非難を受けながら、BOJはインフレ目標が可視化されるまで超緩和政策を維持するという立場に固執した。

日本の通貨は上田が発言直後、1ドルあたり約150.50で取引され、1990年に到達した中核レベルの151.95近くにとどまった。 投資家が金利に集中し続けるにつれて、円は今年の主要通貨のうちドルに対する最大の下落傾向を示した。 微分。

BOJは世界の最後のマイナス金利政策に固執していますが、連준は「より高く、より長い」金利経路を選んでいるようです。

それにもかかわらず、上田は専任黒田春彦のような立場をとることを控えてきた。 黒田首相は、円安の下落が経済全体で肯定的であると言い、円安の下落を加速させた。 上田は去る4月、BOJ総裁就任以後一度も使用しなかった表現だ。

Bloomberg Businessweekで一番読んだこと

©2023ブルームバーグLP

READ  日本経済| ビジネスファイナンス
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours