経済

BOJの資産は、COVIDによる資産の購入、ローンで別の記録を更新しました。



この写真は東京の日本銀行本部の建物を示しています。 (毎日)

東京(刑務所) – 日本中央銀行がコロナ19ファンデミック(世界的な大流行)の中で資産の買い入れと資金支援に支えられ、9月まで6ヶ月間日本銀行が保有した総資産は724兆6000億円(6兆3000億円)ドル)で史上最大値を記録したと中央銀行が明らかにした。 金曜日。

BOJの資産は1年前より4.9%増加し、名目国内総生産(GDP)が約540兆円の日本経済規模より大きい。 日本中央銀行は、経済成長を支援し、2%のインフレ目標を達成するためにインフレを加速するために流動性を提供しています。

BOJは、利回り曲線管理プログラムに従って日本国債を購入し、長短期金利を低く保ちます。 また、上場指数ファンド、商業手形、会社債などを購入します。

長年の大胆な通貨緩和により、BOJの日本国債保有量は528兆3000億円で、1年前より0.4%減少しました。

BOJデータによると、ETF保有量は5.9%増加した36兆2100億円、感情評価利益は16兆6200億円で史上最大を記録した。

しかし増加速度は昨年同じ期間(24.5%)に比べて大きく鈍化した。

3月に、BOJは長期の通話緩和に備えて副作用を解決するためにポリシーキットを微調整しました。 ETFの年間購入目標を削除し、ETFをより柔軟で時期尚早に購入しました。

BOJは9月まで6ヶ月間ETFを数回購入したが、総保有量はまだガイドラインに従って急増したが、今後どのようにETFをアンロードするかを決定できなかった。

BOJは、COVID-19感染症で財政的に困難な企業にローンを提供する商業銀行に資金を提供しました。 総融資は138兆4200億円で32.0%増えた。

米国連邦準備制度(Fed)などの主要な中央銀行は、加速するインフレに直面して資産の購入を縮小する方向に動いています。 しかし、黒田春彦BOJガバナーは、2%の目標がまだ到達していない状態なので、通話緩和を維持しなければならないと述べた。

BOJは6カ月間の低収益性に直面した地域銀行間の合併及び経営改善を目指すプログラムにより、市中銀行など631の金融機関に49億円を特別利子として支給したと明らかにした。

READ  日本政府は、東欧他のユニセフのWASHと医療サービスへのアクセスを強化するために470万ドルを寄付しました - シリアアラブ共和国

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close