経済

BOJのAdachiは、円安が日本経済に恩恵を与えると言います。

  • 日本はスタッグフレーションリスクに直面しない – BOJ足立
  • BOJは試合扶養策を準備しています – Adachi
  • 円安、日本企業の海外利益増加に貢献 – 足立

東京、12月1日(ロイター) – 日本銀行(BOJ)理事足立聖治(Seiji Adachi)は最近円安が海外企業利益を増加させて日本経済に恩恵を与えていると話した。

足立はまた、新しいコロナウイルスの亜種の普及が経済活動を再び抑制し、企業の資金調達に負担をかける場合、BOJが扶養策を強化する準備ができていると述べた。

足立は企業に伝えられた演説で「当分ファンデミックの余波を礼儀注視し、企業がビジネス運営を維持しようとする努力を支援するため、必要に応じてさらなる緩和措置を取る準備ができている」と話した。 水曜日、日本南部大分の指導者たち。

Adachiは、最近の円安が輸入コストを増加させ、経済が悪い状況でもインフレが加速するスタッグフレーズにつながる可能性があるというアナリストの懸念を無視した。

足立は「個人的に日本がスタッグフレーションにつながる「弱い円」に直面しているとは思わない」と話した。 彼は「最近円下落は実際に日本企業が海外で取り組む利益を高めて経済に恩恵を与えている」と付け加えた。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告。 編集キム・チャンラン&Shri Navaratnam

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ドコモ口座信頼回復に向けた業界が解決する必要がある(旧正則) - 個人 - Yahoo! ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close