トップニュース

BOJは、グローバルな緊縮アシスタントを超えて簡単な政策を維持しています。

2022年6月17日、日本東京の日本銀行本店前をした男性が通り過ぎている。 REUTERS/キム・ギョンフン

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

  • BOJが長短期金利目標を維持
  • 取締役会は価格予測を高め、経済的リスクを警告します。
  • BOJ、今年のインフレ目標値超過、来年の鈍化見通し
  • 黒田知事、メディアに0630 GMT説明会を予定

東京、7月21日(ロイター) – 日本中央銀行(BOJ)は木曜日のインフレ見通しを上回ったが、超低金利を維持し、脆弱な経済に対するリスクを警告しながら、グローバル中央銀行緊縮政策の波でアウトライヤーとしての立地を強化した。 。

この決定は、膨大なインフレを抑えるために予想以上の50bpの金利引き上げを考慮する欧州中央銀行(ECB)の決定よりも数時間前に行われました。 もっと読む

燃料と原材料コストの上昇により、日本のインフレが目標値の2%を超えたが、BOJは、グローバル成長の鈍化が依然として弱い経済に対する見通しをぼやけさせるため、扶養策を撤回することは急がないと繰り返し述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

BOJは決定後に発行された四半期報告書で「日本経済を取り巻く不確実性が非常に高い。我々は金融・通貨市場の動きと経済・価格への影響に警戒しなければならない」と述べた。

広く予想されているように、BOJは短期金利目標値-0.1%を維持し、10年の満期債権利回り目標値は0%水準を維持しました。

四半期ごとの見通しで、取締役会は2023年3月に終了する現在の会計年度の主要消費者物価上昇率を1.9%から2.3%に引き上げました。 また、翌年のインフレ予測も1.1%から1.4%に上昇しました。

しかし、BOJは今年度の成長率の見通しを2.9%から2.4%に下げ、継続的な供給制約、原材料価格の上昇、および流行による潜在的な打撃を警告しました。

黒田春彦BOJガバナーは、会議後の説明会で、最近のコスト引き上げインフレが賃金と需要の増加を伴うまで超低金利を維持するという決議を繰り返すと予想されます。

しかし、グローバルな緊縮通貨の流れに対処するのに費用がかかるわけではありません。 政策の違いにより、日本円は24年ぶりに最低値に落ち、すでに急増している輸入費用を増加させ、家計や小売業者に被害を与えました。

その影響は木曜日の初めに発表されたデータで強調されたが、日本は円安に支えられ、収入が前年同期比46.1%増加し、6月に11ヶ月連続貿易赤字を記録した。

最近のBOJデータによると、中央銀行は10年物の利回りに対する0.25%上限を防御するために、6月に記録的な16兆円(1,160億ドル)相当の日本国債(JGB)を食べなければなりませんでした。

積極的な買収により、BOJの債券市場の所有権が50%を超え、巨大な貸借対照表を徐々に縮小する努力を撤回し、先物市場に負担をかけました。

市場は、長期的な緩和コストの上昇について黒田が語ったことと、政策調整の潜在的な誘発を引き出すことができるヒントに焦点を当てているとアナリストは言います。

($1 = 138.0000円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告。 Tetushi Kajimoto、Daniel Leussink、Kantaro Komiyaの追加レポート、Shri NavaratnamとSam Holmesの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本、2022年1月に2次対面首脳会談開催可能性最新ニュースインド

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close