BOJは、少なくとも2024年7月まで現行政策を維持するだろうと、ほとんどの経済学者は言う:ロイター世論調査

1 min read

東京:先月びっくりの利回り管理調整後、さらなる政策変化の推測が減り、日本銀行が1年以内に大規模な通貨緩和規模を縮小し始めると、大半のエコノミストたちがロイター世論調査で明らかにした。

7月27〜28日の会議で、BOJは利回り曲線管理(YCC)計画を修正し、金利をより柔軟に引き上げることを許可しました。 これは正式には緩和を維持するための措置でしたが、市場では数十年間の景気浮揚策を解体するための前奏曲とみなしています。

8月15日から23日まで実施された世論調査で、22人の経済学者のうち1人、つまり5%だけが、BOJが今年の超緩和政策を撤回すると予想したことが分かりました。 これは7月の調査の50%に比べて大幅に減少した数値です。

BOJの次の措置に対する他の回答者の予測は様々であった。 4人はBOJが2024年1~3月に解体を開始すると明らかにし、5人は4~6月を選択し、6人は7~9月を、もう6人は10~12月を選択しました。

シンキン中央銀行研究所の津田田徳見首席エコノミストは、2024会計年度の日本賃金動向の見通しは春が過ぎて明らかになるため、BOJが来年の夏までに現状を維持することもできると述べた。

日本の政策立案者たちは、継続的な賃金の引き上げが、成長主導のインフレを達成し、BOJの極めて緩やかな緩和を正常化するための必須条件であると強調してきました。

別の質問では、BOJが来年にYCCを終了すると予想する経済学者の割合は73%でした。 これは7月の50%から増加した数値です。

T&D Asset Managementの上級戦略家であり、ファンドマネージャーである南岡宏氏は、「現在、YCCは難しいシステムです。上田知事(和夫)は、利回りが市場でより柔軟に設定できると考えているかもしれません。 「と言いました。 「近い将来には事実上消えたり廃止されるでしょう。」

BOJがマイナス短期金利政策をいつ終了するかを尋ねる質問に、経済学者の41%がこれを2024年に予想することが分かりました。 これは5月の世論調査の54%より減少した数値です。 最近の調査では、回答者の59%が「2025年以降」を選択したが、5月には42%が選択した。

日本政府が通貨の下落を防ぐために市場に介入する円の水準についての質問に、経済学者の67%は1ドルあたり150が誘発要因になると答え、1ドルあたり155を選んだ25%がそれに続いた。

米国と日本の金利差が拡大し、円が1ドルあたり146ドルを超えて9ヶ月ぶりに最低値に落ち、政府の円買い介入に対する推測が促された。 日本は去る10月外国為替市場に最後に介入した。

今回の世論調査の他の場所では、経済学者が予測した日本の7~9月の年間国内総生産(GDP)見通し中間値が4~6月の経済成長率が6.0%に上昇した後、1.2%減少したことが分かった。

経済学者たちは日本の2023会計年度GDP成長率の見通しを以前の世論調査の1.1%から1.8%に上方調整した。 2024会計年度の成長見通しは0.9%と小幅下方調整された。

($1 = 145.1300円)

(ロイターグローバル経済世論調査の他の記事を見るには:)

READ  ★今日の[강추 결산]gumi子供モバイルアークランド(9月10日) - 週乗車
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours