経済

BOJは、弱い支出の成長予測を下方修正したと、元中央銀行の幹部は述べた。

2022年6月17日日本東京日本銀行本店前の露店上で人々が弁当を買っている。 REUTERS/キム・ギョンフン

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

  • 夏の間に日本の低迷 – 元BOJの亀田
  • コア消費者インフレは、今年はしばらく3%に達する可能性があります。
  • コスト引き上げインフレが予想より長く続くことがある
  • BOJは非常に簡単な方針のためのわずかな調整範囲を見ることができます。

東京、8月22日(ロイター) – 日本銀行(BOJ)がグローバル需要鈍化とコロナ19感染の復活で輸出と消費に打撃を与え、10月次四半期の検討で経済見通しを下向くだろうと亀田清作前シニアエコノミストが言った。 月曜日に言った。

亀田はロイターに「夏の間に消費が停滞したように見え、家計が伝染病期間中に蓄積された貯蓄で支出を増やすという希望を破っているため、日本の経済回復が「重要な時期」にあると述べた。

彼は「第3四半期に消費が停滞したり、やっと成長する可能性がある」と話した。 「ファンデミックからの経済回復が脅かされる可能性があります。」

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

亀田氏は、日本銀行(BOJ)が2023年3月に終わる会計年度の成長率見通しを7月の現在の見通しである2.4%から2%以下に下げることができると述べた。

彼はまた、中央銀行が世界経済の鈍化の見通しが高まるにつれて、来年の成長率の見通しを現在の2.0%から下げることもできると述べた。

4月までにBOJの研究部門と統計部門を率いたKamedaは、銀行の四半期ごとの予測に精通しています。 彼は現在、日本の損害保険会社であるソムポホールディングス(Sompo Holdings)傘下のシンクタンクのシニアエコノミストだ。

価格の見通しについて、亀田は、急上昇する燃料と食品のコストが日本のコア消費者インフレが今年後半にしばらく3%に達する可能性があると述べた。

同氏は、エネルギーコストの影響がなくなり、インフレは来年緩和されるだろうが、企業が引き続き上昇する原材料コストを家計に転用するにつれて、予想よりも長く中央銀行の目標値である2%を超える可能性があると述べた。

Kamedaは、「私たちが見ているのは純粋なコスト上昇のインフレです。 「BOJが目指す需要主導インフレとは距離が遠い」

彼は日本の脆弱な経済が金融政策を非常に緩和的に維持することを正当化するだろうが、BOJは今後の大規模な試合扶養プログラムを少し調整する余地を見ることができると述べた。

亀田は、金融政策を調整するための柔軟性を提供するために、BOJの金利目標と将来の政策経路に関するガイダンスを含めることができると述べた。

彼は「金利を少し動かしても経済に大きな影響を与えないだろう」と述べた。

収益率曲線管理という政策の下、BOJは短期金利を-0.1%に、10年満期の国債収益率を約0%に維持すると約束しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kihara と Takahiko Wada の報告 Mark Potter 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本財務省、水戸に対する是正措置 - 日経

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close