経済

BOJはハトのアウトライヤーを維持し、エンジレンマが深化するにつれて金利を低く保ちます。

  • BOJが長短期金利目標を維持
  • 決定期限 6月17日 0230-0500 GMT
  • BOJに新たな悩みで浮上する円安
  • 黒田知事はメディアに0630 GMTブリーフィング予定

東京、6月13日(ロイター) – 日本銀行は輸入コストを高め、世界中の他の中央銀行とは異なり、下落の兆しを見せない円の絶え間ない下落にもかかわらず、金曜日に超低金利を維持するようです。 通貨扶養策を撤回します。

円安はかつて輸出依存度の高い経済を扶養するため歓迎されていましたが、すでに高騰する輸入費用を膨らませて家計に苦しむため、日本政策立案者たちに懸念の対象となりました。

黒田春彦BOJガバナーは、先週、家計がより高い価格を受け入れているとソーシャルメディアで非難の嵐に直面したとき、中央銀行のジレンマがより明らかになりました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

彼はそのコメントを撤回するしかなく、月曜日に円安が経済に良いという彼の長い見解を撤回した。 もっと読む

しかし、円安が苦手なのにもかかわらず、BOJは、現在の金利引き上げが脆弱な経済を冷却し、得よりも実が多いという観点から超低金利を維持する可能性があると中央銀行の考えに精通した3人の消息筋が語った。

ある消息筋は「BOJが通貨政策の基準で為替レートを目指さない」と話した。

消息筋は「今重要なのは超完璧な政策で経済を支援することだ」と話した。 その見解は、他の2つのソースによって反響されました。

金曜日に終わる2日間の会議で、BOJは-0.1%の短期金利目標と10年満期の国債利回り上限を0%に維持すると予想されます。

BOJは新しい謎に包まれています。 4月にコア消費者インフレが7年ぶりの目標値である2%を超えましたが、その上昇は主に燃料と食品のコストによるものです。

このようなコスト引き上げインフレが消費に打撃を与えることを懸念したBOJは、賃金の引き上げが強化されるまで、金融政策を非常に緩やかに保つという決意を強調した。

しかし、BOJの鳩の派手な立場は円を下落させ、月曜日1ドルあたり135.22ドルで、1998年以来最低値を記録しました。 これは生活費を引き上げることで家計に苦しみを加重させています。

BOJは円が急落した場合、最後の手段として金利を引き上げることができるが、アナリストはそのような動きが米国連邦準備制度(Fed)の攻撃的な金利引き上げ計画によって主導された広範で強いドル傾向を覆すことができるか疑い、あります。

三菱UFJモーガン・スタンレー・セキュリティの上級市場エコノミストのナオミ・ムグルマは、「BOJが近いうちに超緩和通貨政策を調整する意図がないことは明らかだ」と述べた。

「しかし、BOJを取り巻く環境は急速に変化しています」と彼女は言いました。 「円が1ドル当たり140または145を下回った場合、BOJは利回り目標を上方修正する必要があるかもしれません」

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告。 Edmund Klamann 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の株式市場を理解し投資する方法 – 3つのファンドのアイデア

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close