経済

BOJ副総裁、不確実な賃金経路警告、簡単な政策維持の約束

  • 継続的なインフレ上昇のための賃金成長の鍵 – BOJ Amamiya
  • 景気回復基盤はまだ微弱である – Amamiya
  • インフレは一時的ではなく平均2%に達するはずです – Amamiya

東京、7月28日(ロイター) – 木曜日、天宮正吉日本銀行(BoJ)副総裁は、引き上げられる生活費を家計が補償するほど賃金が引き上げられるかどうかについての不確実性により、通貨政策を超緩和的に維持する必要があると強調した。

天宮は、スピーチで家計支出が回復している間、消費が増加し続け、日本経済が伝染病による沈滞から回復するのを助けるためには、賃金がインフレよりも速い速度で上昇しなければならないと述べた。

彼は「日本経済はまだファンデミック以前の水準に回復していない」とし「燃料と原材料の輸入への依存度が高く、グローバル原材料価格の上昇で苦痛な所得流出が発生している」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

天宮総裁は「経済回復基盤が依然として脆弱で、賃金の見通しが非常に不確実である。したがって、我々は緩和通貨政策で経済活動を支援する必要がある」と述べた。

変動性の大きい新鮮食品コストを除き、エネルギーコストを含む日本の6月の源消費者物価指数(CPI)は1年前より2.2%上昇し、3カ月連続で中央銀行の目標値である2%を上回った。 もっと読む

アマミヤは、高燃料コストなどの外部要因による一時的なインフレの上昇は、BOJの大規模な扶養措置の撤回を正当化するのに十分ではないと強調した。

彼は、「目標価格を達成することは、消費者インフレがゲームサイクル中に平均2%に達することを意味し、エネルギー輸入コストの増加などの外的要因による一時的な上昇ではない」と述べた。

企業が事業見通しの不確実性により賃金の上昇を躊躇しているため、生活費の上昇は家計に特に苦しんでいます。

消費者購買力の核心尺度である物価上昇率調整実質賃金は前年同期比1.8%下落し、ほぼ2年ぶりに最大の下落幅を記録した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告。 Simon Cameron-Moore 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ミャンマークーデターの地域艦

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close