経済

BOJ政策立案者は金利引き上げで円安の対応を排除

  • 財務大臣、外国為替の動きに適切に対応すると警告 – サポート
  • BOJ取締役 足立「扶養策をなくす時期尚早」
  • BOJ黒田「鋭く一方的な円は経済に悪い」
  • 金融政策はFXの動きに反応してはならない – BOJ Adachi

東京、10月19日(ロイター) – 水曜日日本銀行(BOJ)政策立案者たちは、円安を32年に遅らせるために金利を上げる可能性は排除しながら、海外リスク高調から経済を保護するために通貨政策を非常に緩く保つ必要があるがあると強調した。 最低。

鈴木俊一(Shunichi Suzuki)財務上はまた、政府が為替市場で「適切に対応する」と述べ、投資家に円を下げすぎないように警告したと支持通信が伝えた。

足立成治BOJ理事は、水曜日の演説で日本経済がグローバル成長鈍化と不安定な金融市場によるリスク増加に直面しており、中央銀行の超緩和通貨政策から抜け出すことは時期尚早だと述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Adachiは、通貨政策による短期通貨の動きに対応することは、BOJの政策指針に対する不確実性を高め、経済にさらにダメージを与えると述べた。

足立は日本中部富山でビジネスリーダーたちに演説で「日本を取り巻くグローバル金融・経済環境を見ると、下方リスクが急速に蓄積している」と話した。

彼は「下方リスクが高すぎるときに緊縮通貨に転換することに注意しなければならない」とし、外部の逆風が盛り上がると日本が再びデフレに陥る危険があると警告した。

黒田春彦BOJガバナーは、通貨政策が為替レートを直接狙っておらず、日本の脆弱な経済は依然として膨大な通貨支援が必要であると述べ、この見解を反映している。

黒田は議会で「通貨市場の鋭く一方的な動きは経済にとって望ましくない」と述べた。 「したがって、円の暴落がひどく、政府が外国為替市場に介入することは非常に適切でした」。

BOJと政府政策立案者の発言は、弱い経済を支援するための中央銀行の超低金利が家計の生活費を膨らませる不要な円の下落を加速するのに役立つため、日本が直面したジレンマを強調します。

ドルは水曜日に1990年8月以来初めて149.415円まで上昇し、主要心理的障壁である150に近づきました。

金融政策を管轄する政府は、先月当局が1998年以来初めて円を支持するために市場で行動したとき、ドル売り、円買収介入に2兆8000億円(190億ドル)を支出しました。

岸田文夫首相は、BOJの超緩和政策を経済支援に必要な措置として提唱しました。

彼はまた、生活費の上昇による経済的な打撃を緩和するために別の支出パッケージを設けることを約束した。

BOJは、10年の満期債権利回りを約0%に制限するために積極的に資金を供給するYCC(収益率曲線制御)を維持するための新たな課題に直面しています。

日本国債10年物(JGB)の利回りは水曜日0.255%を記録し、6月以降初めてBOJの暗黙的上限である0.25%を超えました。

その他の満期に対する収益率もグローバル金利の上昇により上昇圧力を受け、JGB 5年の収益率は2015年7月以降、最高値の0.105%までしばらく下落しました。

($1 = 149.4600円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika KiharaとKantaro Komiyaの報告、Kim ChangranとTakahiko Wadaの追加報告。 Gerry Doyle と Jacqueline Wong 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ソニーは、先行して難しい数字を残しておきます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close