BVLOSミッションにElsight Halo技術を使用した日本のACSLドローン

1 min read

長距離連結技術専門企業エルサイト(Elsight)が日本無人航空機(UAV)市場に初の足場を設けた。 パートナーシップを発表した 国内最高のドローンメーカーACSLと一緒です。

イスラエルに本社を置くElsightは、この取引にはHalo接続技術を搭載したACSLドローンが含まれていると述べた。 航空会社に拘束されないAIベースのソリューションは、さまざまな通信オプションを使用してUAVとの信頼性が高く中断のない接触を保証します。 これは、世界中の企業運営者がすぐに拡大することを望むBVLOS(視線を超えて)飛行の急成長に不可欠な要素です。

Elsightは、「日本最大のドローンメーカー」であるACSLが、ハロ技術を利用して、特に日本の多くの山々の周辺でドローンのLTE通信を強化すると述べた。 日本の規制当局は増加したBVLOS運営を承認しようと努力していますが、日本全域にまたがる多くの丘や山によって船舶との中断のない接続が問題になります。

多くの代替ソリューションは主に1つの伝送モードに依存していますが、ElsightのHaloはBVLOSフライト用に特別に設計された技術にLTE、5G、および衛星通信を統合しています。 データをさまざまなパッケージに分割し、エンコードされたバンドルを別のチャネルを介して送信し、それらの1つまたはいくつかを傍受することでセキュリティが保証されます。

Elsightは、ローカルドローンパートナーであるNavicom Aviationを通じてACSLとの提携を推進しています。 ナビコム・アビエーションの社長である小島平塚は、アフィリエイトを歓迎した。

彼は「ドローン大規模市場の採用の主な課題は、日本の丘の多い地形だった」と述べた。 「Elsightとのパートナーシップは、私たちの地域のニーズに優れた技術とビジネスの適合性を提供しました。 ACSLの成功を見ることは、災害管理や復旧などの配送から最初の対応者までの物流アプリケーションが市場で受け入れられているという信号です。

ACSL CEO Satoshi Washitaniは、Elsight Halo技術がドローンを介して提供する確実な接続性により、企業はBVLOSへの運営を拡大したいさまざまな部門や企業にわたってビジネスを始めることができると述べました。

「エルサイトの製品は、様々な国の物流ドローンに採用された履歴を持っており、物流ドローンの品質向上により、ドローンが活用できる領域を拡大し、ドローンの社会的実現を促進することに貢献できる。あると信じています。 「日本の物流分野」とワシタニは言った。 「物流分野で最も重要な問題の1つである通信環境の安定性を確保するために、革新的な技術を備えたパートナーと協力することができてとても嬉しく思います。」

FTC: 私達は収入を作成する自動アフィリエイトリンクを使用します。 もっと。

READ  プライベート| 原子力を活用するために日本のエネルギー計画を修正
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours