トップニュース

Bzzz:日本製の無人機は危険なスズメバチの巣を掃除機で掃除します。

日本の大手掃除会社は、ハチの巣を壊す危険性があり、時には致命的な作業のための効率的なツールを開発するためのドローンだけでなく、真空技術の使用も採用しています。

最近によると レポート 日本語で毎日 毎日 掃除機のレンタル大手Duskin Co.は、約100kmのHygo県の構造物に定期的に現れる大規模なハチの巣を破壊するために、真空機器を備えた無人機を改造しました。 京都西。 同社は11月にUAVのデモフライトに関するビデオを新聞に提供しました。 その中には、保護服を着たパイロットがトランペットのような装置を使って人間が通常手で取り除かなければならない激怒したハチを素早く吸い込むので、近くに快適に座っているのが見えます。

それだけ ダスキンビデオ ほぼ2時間かかった空中作戦をわずか39秒だけ見せます。 幅80cmのドローンが兵庫県山間壁倉庫軒に掛かった35cmのスズメバチ巣を壊すために操縦される様子です。 女王と思われる1匹を含め、約100匹の昆虫が真空状態に吸い込まれました。

ハチの巣を占めるためにフーバーとドローンを組み合わせたのは、ヒゴ県や一般的に恐ろしい昆虫に立ち向かわなければならない貧しい魂のための厄介な進歩ではありません。

日本の害虫防除の専門家によると、Hygoは2016年から2020年の間に4,245個で、全国ハチの撲滅作業で全国1位を占めました。 これは日本全体のほぼ5分の1に相当します。 平均して日本では毎年10~20人がスズメバチに撃ち殺されます。

ダスキン自体は、ハチの群れが大きくなりすぎて破壊されるのを危険にさらすとき、または巣が地面の高すぎる場所にあるときにそのような作業を拒絶しなければなりませんでした。 これらのリスクを解決するために、同社はゴキブリと戦うために開発した真空マウントロボットをドローンに適用しました。

昆虫が脅威に対応する方法のため、UAVアプローチは、ミッションが進むにつれて実際にはより効率的です。

デュスキンのドローン開発マネージャーであるユスケ斎藤は、「ハチは敵を認識するとアラームフェロモンを分泌して集団に攻撃する」と語った。 毎日。 「ドローンにフェロモンを付ければ機械に集まって効率的に退治できる。」

この技術を使用すると、人間が職場で危険な危険を回避できるだけでなく、人間や環境に危険を伴う毒物散布などの他のオプションも回避できます。 さらに、日本におけるスズメバチの活動の進化の特徴は、時間の経過とともにドローンを撲滅する方法をより有用にするでしょう。

斉藤は「高いところに巣を入れている外来種のスズメバチが日本に広がっている」と話した。 「ドローンの活用は今後さらに重要になるでしょう。」


独占動画を見るには、YouTubeでDroneDJを購読してください。

READ  国内で新たに2596人の感染の最初の2500人以上の... 8道府県で歴代最多 - goo.ne.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close