世界

C型肝炎ウイルスの発見にノーベル生理学・医学賞…受賞者が言った、 “撲滅”の可能性| AnswersNews

ニュース解説

2020年ノーベル生理学・医学賞を受賞したハービーアルターさん(左)、マイケル・ホートン氏(中央)、チャールズ・ライス(右)のイラスト(Nobel Media)

[스톡홀름 / 베를린 로이터]2020年ノーベル生理学・医学賞は、C型肝炎ウイルスを発見した米国と英国の研究者3人に与えられるされた。 彼らは数十年にわたる研究では、感染拡大の抑制と治療剤の開発に役立った。

受賞者は、ハーヴェイアルターさん(国立衛生研究所)は、チャールズライス(米国ロックフェラー大)、マイケル・ホートン氏(カナダ・アルバータ大)。 3人の発見は、世界保健機関(WHO)が2030年までに目標としているC型肝炎撲滅につながることができる。

3人の研究者は、血液を介して感染するウイルスがC型肝炎を引き起こすことを発見して証明した。 この業績に授与される賞1000万スウェーデンのクラウン(110万ドル)の3人で等分する。

ライス氏は記者団に、オンラインを介して「初期発見で治療剤の開発に成功まで参加することができたのは、基礎研究者には珍しいことである」と述べた。

今年のノーベル生理学・医学賞候補選定は新型コロナウイルスの大流行前に行われた。 たとえC型肝炎ウイルスの発見という業績がノーベル賞に選ばれたのは、新しい病気との戦いに勝つために最初の一歩に原因ウイルスを確認することが重要である、との認識だ。 ライスはゲノム配列が大きく飛躍したし、世界中の研究者が、新型コロナウイルス治療ワクチンの開発のための「壮大な」進歩を達成することができるようになり、言った。

肝炎研究がノーベル生理学・医学賞に選ばれたのは今回が2回目だ。 1976年には血液を介して感染する肝炎のいずれかがB型肝炎ウイルスによるものを明らかにしたブルッフブルームバーグ氏が受賞している。

3段階

今回の受賞の対象となった研究は、1960年代にさかのぼる。 アルターさんは、A型でもB型でもない肝炎は輸血によって感染することができるということを発見した。 その後、1980年代半ばホートン氏が率いる製薬企業カイロンの研究チームが感染したチンパンジーの血液から発見されたウイルスの遺伝子の断片をもとに、ウイルスを複製した。

このウイルスは、C型肝炎ウイルスと命名した。 ウイルスが確認されたもので、血液銀行の血液を検査することができ、肝硬変や肝臓がんを引き起こすC型肝炎の拡散を抑制することが可能になった。

C型肝炎ウイルスの発見は、大きな成果であったが、最後の重要な質問は、残っている状態であった。 C型肝炎ウイルス肝炎の原因ウイルスであることを証明するには、ウイルスが体内で増殖して、単独で肝炎を起こすことを確認しなければならない。 ホートン氏は「私たちはすぐに解明することができると思ったが、実際には、そこから7年の歳月がかかりました。狂っ思った」と、オンラインの記者会見で語った。

パズルの最後のピースを埋めたのが第三の受賞者であるライスである。 彼は遺伝子工学によってC型肝炎ウイルスの複製チンパンジーに注入すると、人間の肝炎患者と同じ症状を引き起こすことを立証した。

ただしライス氏はロイターに対し、2030年までにC型肝炎を退治する可能性は低いと述べた。 有効広く使用可能なワクチンの開発にはまだ数年かかることなどがその理由だという。 ホートン氏は記者団に、今回の受賞は、現在臨床試験を実施しているC型肝炎ワクチンの研究成果が評価されたと述べた。

貧困国でも使える価格設定が必要

C型肝炎ウイルスに対して非常に効果的な抗ウイルス薬を使用できるようになった。 しかし、米国では、治療1コース3万ドルの費用がかかる。 WHOの闘いの目標を達成するには、貧困国のための価格設定に柔軟性を持たせることが重要であると専門家は言う。

英国インペリアル・カレッジ・ロンドンに位置する英国国立健康研究所のグラハム・クック教授(感染)は、「資金力のある国では、大きな進展が見られる。貧困国では、克服に多くの困難がありますが、現実的な野心だと思う」と語った。

ライスによると、メーカーは現在、貧しい国のための生産権を付与することにより、価格を下げようとしている。 彼は「そんなことはもっと早く進行すると、はるかに幸せだっただろう」と述べた。

(imon Johnson / Douglas Busvine、翻訳:AnswersNews)

READ  ロシア新型コロナウイルス」不良などあり得ない」開発責任者の話| AnswersNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close