CAAが署名した日本ジャンルマイスター三池貴志(独占)

Estimated read time 1 min read

スラッシャー映画「イチザキラー」、胸元の「オーディション」で有名な日本監督の三池貴志がCAAと契約を結んだ。

映画製作者でありシナリオ作家でもある三池は、ホラー、コメディ、アクションなどジャンルを行き来し、100本以上の長編映画クレジットを保有した日本で最も多作で大胆な監督の一人です。 「Ichi The Killer」と「Audition」は世界中でカルト的な関心を集めています。

作家はまた、「わら帽子」、「小津」、「原木里:サムライの死」としてカンヌ映画祭で好評を博しました。

彼の映画「Crows Zero」はアジア、特にZ世代の間で非常に人気があります。

3月、三池はAppleの「shot on iPhone」プロジェクトで日本代表に選ばれ、現在世界的にストリーミングされている手塚治虫の1986年漫画「ミッドナイト」をベースにした短編映画を監督しました。

2022年に彼は韓国スタジオドラゴンが制作し、ディズニー+が配給するドラマシリーズ「コネクト」を演出し、このドラマはアメリカHuluでストリーミングできます。 「私は流血シーンのファンではありません。 しかし、それが私が知られている理由です。 そしてそれが私が提供するものです。 スタジオドラゴンが私に提案したのがまさにそれです」 三池は釜山国際映画祭シリーズ部門で初めてのラインを見せた「コネクト」発売記念記者懇談会で語った。

三池は、主人公の目から血が注がれ、パッチを着用し、残りのショーを続けるシーンについての質問に答えました。 「このようなフィビリンの私のシーンは慎重に考えなければなりません。 「血だけでなく感情と意味もあるはずです。」とMiikeは言いました。

三池はこのイベントで自分のキャリアを振り返り、「映画監督の人生は本当に奇妙なことだ。 過去に行ったことが未来を決定します。 そして私のジャンル映画を楽しんでくださるファンの方々にも感謝する。 しかし、私は現在私が好きなものに集中しようとしています。 私は新しい冒険が大好きです。 ファンには失望感もあるかもしれない。 私は多様になるのが好きです。 そしてこれからもずっと多様に活動していきます」

監督の最も最近の作品には、ネットフリックスシリーズ「オニムシャ」(2023)と同じ年、シッチェスで公開された映画「モンスターウッドマン」がある。

MiikeはGreenberg TraurigのDan Black弁護士が引き続き代理しています。

READ  「Disney声の王子様」新キャストに伊藤健人と木村良平、島崎信長!俳優陣も参加(コメント数) - コミックナタリー
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours