Caneは、以前の敵だったKolbeを日本チームの同僚として含めることができて嬉しく思います。

Estimated read time 1 min read

今年のラグビーワールドカップ決勝戦を含め、思い出に残る戦いを繰り広げた後、All Blacksの主張Sam Caneは、SpringboksのスピードスターCheslin KolbeをTokyo Sungoliathのチームメイトと呼んでくれて嬉しく思います。

有名な輸入チームは、日曜日のサンオリアスがプリンスチチブ記念ルグビーグラウンドでディフェンディングチャンピオンのクボタスピアスに対して52-26の開幕戦で勝利し、日本のルビーリーグワンでデビューしました。

東京サンゴリアスのサム・ケイン(C)が2023年12月10日、東京秩父プリンス記念ラグビースタジアムで開かれた久保田スピアーズとの日本ラグビーリーグワン競技でタックルを受けています。 (Getty/Kyodo)

日本のクラブシーズンは、2人のプレーヤーが、ニュージーランドのスタッド・ド・フランスで12-11に勝利した南アフリカ共和国の反対側に立った1ヶ月半後に始まりました。 そこでケインは議論の余地がある赤いカードのために早く退場し、コルベは残りの時間を過ごしました。 罪箱の最後の瞬間。

ケインは、最初のリーグワンの試合の後、チームの準備レベルと「オープンラグビースタイル」を賞賛しながら楽観的だった。

Sungoliathから8番に出発したCaneは「私たちの訓練に本当に感動しました」と言いました。

「明らかに、私とチェスリンが到着する前に少年たちは多くのことをしました。以前ここにいた少年たちは彼らの経験に基づいて道を導きました。

31歳のケイン(Cane)と30歳のコルベ(Kolbe)は元ワラビーの主張ジョージ・グレガン(George Gregan)と現オール・ブラック・ボーデン・バレット(All Black Beauden Barrett)を含むサンゴリアテ制服を着た有名国家代表選手の中で最も最近登場した人物です。 日本は今シーズンのトヨタ・ベルブリッツでプレーすることになる。

ファンは2023年12月10日、東京のプリンス秩父記念ラグビースタジアムで開催された東京サンゴリツと久保田スピアーズ間の日本ラグビーリーグ1試合前にチェスリン・コルベ(左)とサム・ケインの肖像画と一緒にポーズをとります。 (Getty/Kyodo)

Caneは支配的なSungoliathパックの一部として自分の存在感を感じ、Kolbeはいくつかの日本国家代表を誇るバックラインで快適に15位を占めました。

Caneは、「見た人は誰でも、Cheslin Kolbeがゲームに与える影響を見ることができると思います」と述べた。 「長年にわたって彼との試合を繰り広げた後、今年彼との戦いは興味深くて楽しいでしょう」

2019年日本ワールドカップで優勝したスプリングボックスチームの一員でもあるコルベは、自身の新しい家への転換がこれまで順調に進んだと述べました。

東京サンゴリアスのチェスリン・コルベが2023年12月10日、東京のプリンス秩父記念ラグビースタジアムで行われた久保田スピアーズとの日本ラグビーリーグ1試合でボールを蹴ります。 (Getty/Kyodo)

「正直に言うと難しくありませんでした」と彼は言った。 「その理由は、チーム、選手、経営陣、みんなが私たちを歓迎し、家のように感じさせ、毎週仕事をする方法についてアドバイスしてくれたからです。」

League Oneのワールドカップ以来、外国のスターの流入には、Sungoliathの伝統的なライバルであるBrave Lupus Tokyoに加わったAll Blacks Shannon FrizellとRichie Mo’ungaも含まれます。 Kolbeは、2つのクラブが次のラウンドで「もう一つの大きな挑戦」になると予想している試合で対戦します。

「明らかに簡単なゲームはありません」と彼は言いました。 「私たちにとって最も重要なのは、今日から自信を得ることだと思います。私たちはあまり先に行こうとせず、今に集中して一日一生きていきます」


関連プレス:

ラグビー:大崎ハットトリック、ケインでショーを盗む、コルベサンゴリアスデビュー

ラグビー:日本娼婦堀江、新シーズンを最後に引退

ラグビー:ジョーンズは日本のコーチに興味がありますが、仕事の提案を受けたことがないと言いました。


READ  イギリス、日本、イタリアが最先端の戦闘機プログラム条約に署名 WKZO | カラーマ主義のすべて
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours