エンターテインメント

Capcomは、PCゲームの主要なプラットフォームで作成したいと言います。

だけで何が起こるか? ホームビデオゲーム市場の長い歴史の中でCapcomは、コンソールの最初の会社として知られたが、ここ数年の間にPC上で数多くの大規模なリリースで変化し始めました。 今、日本の巨大企業のCOOは、PCが今後の「主要なプラットフォーム “になることを望んで言います。

日経とのインタビューとブルームバーグの記者翻訳 望月隆、辻本ハルヒにカプコン最高執行責任者(COO)は、同社が2022年または2023年までに、ゲームの販売をコンソールとPCに50/50に分割することを望んでました。

「PCは、グローバル販売を主導しています。」と彼は言いました。 「最近、我々は、PCを主要なプラットフォームで作ると明らかにした。 今年東京ゲームショーではモンスターハンターライズPC版の展示に集中しており、我々のアプローチの変化を人々が体感することができると思う」と語った。

Tsujimotoは近年ポートがあるPCで見つかった成功が、これらの見通しにつながったと言います。 流出した売上高は、Monster Hunter Worldを意味します。 より良い売れ 日本以外の地域では、PC上でPS4より – ファンデミクにより、日本でのプラットフォームの評判が向上しました。 伝統的に、コンソール、ハンドヘルド、さらに電話に対抗戦ってきた国です。

彼は「ファンデミクは、人々がPCの表示方法を変えている」と述べた。 「スマートフォンは便利ですが、画面が小さく、タッチパネルが動作しにくく、在宅勤務や学校の授業には適していません。 PCはスマートフォンの次に重要な市場となるでしょう。」

この関係者は、「PCも高品質のゲームをすることができますので、PCの利用者が多くてもPCの理解度がノプアジョヤする」と付け加えた。

「今まで主流であった専用のゲーム機事業を拡大していきます。 今後PCが主流になるでしょう。」

Capcomは最近PC用Monster Hunter Riseが2022年1月13日に発売すると発表しており、これには4Kの解像度と超広角ディスプレイのサポート、無制限のフレームレート、改善されたテクスチャ、最適化されたキーボードとマウスのコントロールをはじめとする様々なプラットフォーム固有の機能が含まれます。 PC版の無料デモは10月13日に開始され、このお誘いをプレイすると正式ゲームが発売され、ボーナスがアンロックされます。

READ  日本は毎週カラオケセッションがコロナウイルスを拡散することにより、注意を必要とします。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close