スポーツ

CardinalsとRamsは証明する何かを持ってプレイオフに進みます。

ロサンゼルス・ラムズが最初の月曜日の夜のプレーオフの試合を主催する予定ですが、All-NFC Westマッチアップのリードアップに完全に慣れたのはArizona Cardinalsです。

ゴールデンタイムゾーンの対決は、ロードチームが以前の2つのチームで勝利したチーム間の3番目の出会いになります。

Ramsは12月にアリゾナで行われた月曜日の夜の会議で勝利しましたが、10月上旬にロサンゼルスで行われた4週目の勝利でプレーオフに進出する資格があると宣言したのはカーディナルスでした。

最近の5試合のうち4試合で敗れ、CardinalsはNFC Westタイトルを獲得し、月曜日に証明する何かを残しました。 しかし、4週目でも同様でした。 3連勝を経てロサンゼルスに到着した時、彼らの熱い出発が持続可能かどうかについて疑問の中でシーズンを始めました。

カーディナルスはその日、ラムスに対して37-20で圧倒的な勝利を収めただけでなく、(カイラー・マレーのタッチダウンパス2個とチェイス・エドモンズの120ヤード・ラッシング後)シーズンを7-0で開いた。

無敗出発後4勝6敗を記録したカーディナルスは、再び自分の時間が到来したことを証明しなければなりません。

カーディナルスのクリフ・キングスベリー(Kliff Kingsbury)監督は「以前は0-0で正規シーズンを覚えている人は誰もいない」と話した。 「ここであなたがすることであり、私たちが次のステップに進み、私たちがどれほどうまくいくかを見るための真の機会です」。

このゲームは、Murrayのプレイオフデビュー戦だけでなく、カーディナルスがディビジョンラウンドでグリーンベイパッカーズを破ったが、NFCチャンピオンシップゲームでCarolina Panthersに敗れた2015-16年以降、プレイオフに初登場するものです。 。

マレーは今シーズン24のTDと10のインターセプトで、1試合あたり平均270.5ヤードのパスを記録しました。 彼はRamsに対して14週目に383ヤードのパスをしましたが、TDパスを投げず、30-23の敗北で2回遮られました。

Kingsburyは、「私は私たちがどのように試合したのか、彼らが私たちをどのようにプレイしたのか、どんなものが良く、何が悪いのかを見ることができる2つのゲームがあるのが好きです」と言いました。 「だから私たちはそれに基づいてできる」

ラムズは早くもカーディナルスに敗れたが、シーズン7-1を開始し、熱い出発を見せた。

その後、ロサンゼルスがプレーオフ3チームのテネシー・タイタンス、サンフランシスコ・フォーティナイナス、グリーンベイ・パッカーズを相手に連続敗北し、シーズン半ばに眠りました。

ラムズは今シーズンのプレイオフチームに対して2-5に過ぎなかった。

クォーターバックMatthew Staffordは、Rams制服を着た最初の8試合の間、22のTDと4つのインターセプトでゲームあたり平均309.6ヤードのパスを記録しましたが、Los Angelesが5勝4敗で最後の9ゲームで19のTDと13の水平チャギと一緒に平均267.7ヤードを記録しました。

StaffordはワイドレシーバーCooper Kuppをラムス記録である1,947レシーブヤードで助け、Kuppもワイドレシーバートリプルクラウンを達成し、レセプション(145個)、TD(16個)、ヤードでNFLを導いた。

Ramsはシーズン半ばに気絶した後、アリゾナでの勝利を含む5連勝の行進を繰り広げたが、シーズンを終えるために49ersに対して延長戦で27-24に敗れた後、質問が再開されました。 Ramsはそのコンテストで前半に17-0に先んじていました。

ロサンゼルスの攻撃ラインと守備ラインはどちらもシーズンフィナーレで支配的で、特にサンフランシスコが後半にラリーを広げました。

3回のプレイオフで勝利できなかったStaffordは、「私たちが家で遊んでいるのか、道路で遊んでいるのか、状況が私たちの思い通りに流れているのか、状況が私たちの意志にならなくても、私たちは戦いを続けています」と言いました。 「プレーオフで勝利するために必要なのはこれです。 疑いの余地がない。 今、それは私たちをテストしています。 しかし、私たちは回復力のあるグループであり、行く準備ができています。」

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  ベンチで何を話し? 千賀&カイが裏話披露枚オンライン野球教室開催| Full-Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close