Carlyleが日本最大の買収ファンドで28億ドルを調達

1 min read

Carlyle Groupは、第5回日本買収ファンドのために4,300億円(28億ドル)を募金し、世界中のプライベートエクイティファンド会社の暗い資金調達環境にもかかわらず、日本に対する投資家の関心の兆しを加えました。

Carlyleによると、このファンドは日本中心のバイアウトファンドの最大規模であり、2021年に集めた以前のファンドより約70%大きいと火曜日の声明で明らかにした。 Carlyle Japanは、取引フローの増加を見込んで今年9人の投資専門家を追加する計画で、その場の半分程度を満たしたと広報担当者は語った。

ワシントンDCに本社を置く代替資産管理者は、日本の技術、消費者、医療、一般産業部門でプライベートエクイティの機会を引き続き目指すと述べた。 これは、企業の分離と買収とともに、継承の問題がある企業に焦点を当てます。

プライベートエクイティ会社は長年にわたって日本に参入するために苦労しましたが、最近株主価値の改善圧力に直面した上場企業が非核心持分の売却にさらに開放的になり、業界はより大きな成功を収めました。 より多くの企業が非上場に転換しており、昨年国内で経営陣の買収金額が史上最高値を記録した。

2000年から日本で事業を運営してきたカーライルは、現地で40件を超えるプライベートエクイティ投資を行った。 同社は今週、プライドチキンチェーン運営会社KFC Holdings Japanを950億円の公開提案で非上場企業に転換する計画だと発表した。

READ  日本財務長官、岸田首相の税金還付のアイデアに疑問を提起
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours