技術

CEATEC 2021展示会:「コロナと一緒に暮らす」と脱炭消化強調

~~

日本の革新がコロナウイルスに対応するための新たな技術を開発しています

先端IT・デジタル家電の展示会「CEATEC 2021」が昨年のようなオンライン形式で、10月19日に開幕した。

今年の展示会の主要テーマは、政府の成長戦略に対応する2分野である「コロナと一緒に暮らす」と脱炭消化とデジタル化関連技術である。

オンライン展示会は、10月21日まで行われますが、展示品は、11月30日まで見ることができます。

AIセルフチェックアウト

10月18日マスコミ試写会で一番最初に目につくのはコロナ19の慎重なアプローチであった。 日本の大量のワクチン接種が順調に進んでおり、感染率が改善されています。 しかし、今回の展示会は、コロナ19の再拡散の恐れが相変わらずであることを示した。

これらの注意を反映した一例京セラのAIセルフチェックアウトシステムがあります。 スタッフ不足や伝染病が原因でコンビニエンスストアやスーパーマーケットでセルフチェックアウトが普遍化されたが、個々の項目をスキャンするには時間がかかるプロセスが問題です。

しかし、京セラのシステムでは、AIが写真画像で製品を識別し、無秩序に散らばっている多くの項目があっても、すぐに合計価格を計算することができます。

2023年からシステムを実装することを目的とする京セラは「AIシステムは、製品の約40%を見ることができる価格を計算することができる」と述べた。

SharpはCOVID-19の拡散を防止するために物理的な接触なしで動作することができる「タッチレスパネル」を作成するために京セラの液晶技術を使用していました。 また、聞き取りにくい声の問題を解決するために、マイクが内蔵されたスピーカーも公開した。

折り曲げ可能な太陽電池

2050年までに温室効果ガスの純排出ゼロを目指す政府の目標に応じて、複数の企業が脱炭消化関連技術の努力を集中しています。

東芝は、オフィスビルの壁や屋根のように、特別に強くない、様々な前に使用していない表面に使用できる軽量折り曲げられる「ペロブスカイト太陽電池」を推進しました。 これは太陽光発電を生成することができる場所の数を増加させることです。

Mitsubishi Electricは2020年10月、神奈川県鎌倉に建設されたSUSTIE順ゼロエネルギー試験施設の内部を示しました。 この施設は、再生可能エネルギーやその他のソースを使用して純温室効果ガスの排出量をゼロに維持するように設計されました。

Mitsubishi Electricによると、この施設は、エネルギー消費が多く、日本初の中型または大型の建物では、ゼロエネルギーの目標を達成しました。

同社の広報担当は、照明や空調関連技術を言及して “私たちは、既存の建物に統合することができる技術が豊富で、社会の脱炭消化に貢献したい」と説明した。

モビリティコンセプトカーモアイ

デジタル化と関連してSoftBankは、潜在的に、宇宙と成層圏からスマートフォンに電波を送ることができる「飛行基地局」を導入しました。 波は、地球の表面から約20km離れたところに位置する衛星と無人航空機で送る予定だ。

一方、デジタル化時代に決定的なセキュリティ上の問題について、東芝と三菱電機は、次世代「量子コンピュータ」を保護する暗号化技術を導入した。

(読み取り Sankei Shimbun 日本語で見ている このリンクで

作家:そば谷聡

READ  KDDIクラウドゲームサービス「GeForce NOW」の正式サービスを開始

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close