CES 2024日本(J-Startup)館に30個日本スタートアップ展示予定~「Best of Innovation」受賞作2個、「Innovation Award」受賞作6個含む! | ビジネス

Estimated read time 1 min read

ラスベガス–(Business Wire / ニュースワイヤー)–2023年11月27日–

去る11月15日、米国消費者技術協会(CTA)は今年の受賞者を発表しました。 CES 2024 イノベーション賞。 日本貿易振興機構(JETRO)は1月9日から12日までラスベガスで開かれるCESスタートアップアリーナ・ユーレカパークで日本(J-Startup)館を再び後援する予定であり、今年は日本(J-Startup) )館展示業者6ヶ所が参加する。 指定されました CESイノベーション賞 受賞者。

このプレスリリースにはマルチメディア機能が含まれています。 ここで完全なリリースを確認してください。 https://www.businesswire.com/news/home/20231127656706/en/

JETRO、CES 2024日本(J-Startup)館で日本のスタートアップ30を披露する予定

CTAによると、6つの受賞作のうち、inQsとWILLTEXは、「すべてのカテゴリーで最も高い評価を受けた製品」に授与される今年の「Best of Innovation」賞を受賞したとも選ばれました。 inQsは高度なエネルギー収穫ソーラーガラスを開発し、革新的なスマートファブリック開発者であるWILLTEXは、世界初のポータブルファブリック電子レンジバッグを製造しました。

今年、JETROは元CESイノベーション賞受賞者である慶島田氏を拷問に迎え、「世界初、地域初、業界初」というスローガンを中心に、展示会社に受賞支援とピッチ教育を提供することを支援しました。 」

日本(J-Startup)展示館は、Tech West Venetian Expo 1階Gホールブース62801に位置する予定です。 また、多くの展示会社は、CES週間に次のメディア中心のイベントに参加する予定です。 CES公開ショーストッパーそして「 ランチIT 」 – 日本スタートアップのみを対象としたピッチイベント。

日本(J-Startup)館参加会社一覧

CES 2024「最高のイノベーション」受賞作品一覧

(株)インキューズ – 「SQPVガラス」

カテゴリ:スマートホーム/スマートシティ/サステナビリティ、エコデザインとスマートエネルギー

inQsは、SQPVガラスとして知られている世界で最も先進的で効率的なエネルギー収穫透明ソーラーガラスを開拓しました。 この画期的な革新は、日光から電気を生成するだけでなく、目立たない光源からのエネルギーを活用して、照明が暗い室内や曇りの条件でも繁栄します。 SQPVガラスは、2つの導電性ガラスシートの間に挟まれた構造内のナノ材料の戦略的配置を通じて光を電気に効果的に変換する。 驚くべきことに、両方のガラス表面から光を捉えます。 この技術は、現在の他のすべてのソリューションを凌駕し、単位あたりの優れた電力出力を提供します。

ウィルテックス株式会社 – 「ウィルクック」

カテゴリー:家電製品

ウィルクック(WILLCOOK)は、繊維と電子製品の役割を同時に行うファブリックヒーターであるHOTOPIAを適用した軽くて携帯性に優れた調理バッグです。 統合されたモバイルバッテリーは各繊維内に熱を発生させるので、移動中でも調理することができます。 調理しないときは、バッグを冷却バッグとしても使用でき、広げると発熱毛布としても使用できます。 この多目的製品は、さまざまな用途に使用され、さまざまな状況で暖かさと利便性を提供します。

CES 2024「革新賞」受賞作品一覧

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 – 「iwasemi™ RC-α」

カテゴリー:家電製品

「iwasemi RC-α」は、音響メタ物質技術を用いて開発された透明音響パネルです。 透明性により、会議室で一般的に使用されるガラス壁に設置することができます。 人の声の周波数を含む500Hz〜1000Hzの範囲の周波数を主に吸収するように設計されています。 当社の透明サウンドパネルは、会議室内で音響性能を向上させ、デザインにガラス機能の美的利点を活用しています。

テックマジック株式会社 – 「アイロボ」

カテゴリ: ロボット工学

世界初の革新的な調理ロボットであるアイロボ(I-Robo)は、レストランの人材不足の問題を解決し、忙しい共同家庭を支援します。 自動調味料、調理オートメーション、フライパンセルフクリーニングなどの機能を備えたこの製品は、クラウドに接続され、膨大なデジタルレシピライブラリを提供します。 ユーザーは料理教育を受けることなく専門的な味を再現できます。 新鮮で健康を考慮した食事を提供し、スマートアルゴリズムがユニークな料理を作り出します。 ユーザーと専門家が選択したカスタムレシピは、食事の経験をさらに向上させ、モダンな料理のニーズを満たします。

株式会社ゆずベース – 「スピダエッジ」

カテゴリ:人工知能(AI)

効率性とコスト効率を再定義する画期的なイノベーション研究ハブであるSPEEDA Edgeの革新的な力を体験してください。 プロのアナリスト、強力なデータエンジニアリング、アメリカ、日本、スリランカのグローバルオペレーションを組み合わせたSPEEDA Edgeは、1000以上の新興産業へのナビゲーションをサポートしています。 1000の業界を包括的な2Mエンタープライズデータベースにシームレスに接続し、AI / MLとアナリストの洞察を使用してカスタマイズされた毎月のレポートと毎週のニュースレターを作成します。 トレンド分析、競争力のあるベンチマーク、カスタマイズされたレポートで研究レベルを高めます。 SPEEDA Edgeは革新的な研究を加速し、単一の動的プラットフォームでトレンド、競合他社、洞察を発見する方法を革新します。

WOTA株式会社 – 「ワタボックス」

カテゴリ:持続可能性、エコデザイン、スマートエネルギー

WOTA BOXは、greywater(シャワーや手洗い)をリサイクルし、現場で同じ目的で再利用できる世界初のポータブル水リサイクルプラントです。 WOTAの水処理自律制御技術が搭載されています。 システムは使用済みの水の98%以上をリサイクルできるため、ユーザーは数回のシャワーに少量の水しか必要としません(25ガロンで最大100回シャワー可能)。 WOTA BOXは、緊急時やキャンプ場、スポーツイベント、遠隔地フェスティバルなど水が十分に使えない環境で有用です。

ジェットで紹介

日本貿易振興機構( ジェット )は、世界的に進出する日本企業と日本に進出する国際企業を支援する日本政府傘下の機関です。 JETROスタートアップ事業部は、革新的な日本スタートアップのグローバル市場進出を支援しています。 JETROは2019年からCES Japan(J-Startup)館を開催してきました。

J-スタートアップについて

J-スタートアップ は、イノベーション活動を活性化し、有望なスタートアップがグローバルに競争できるようにするために、経済産業省(METI)が2018年から始めたスタートアップ支援プログラムです。 JETRO、METI、その他の公共機関が共同で運営するこのプログラムは、厳格な選定プロセスを通じて選ばれた140のスタートアップに多様なリソースとサポートを提供します。

次のソースバージョンを見る businesswire.com:https://www.businesswire.com/news/home/20231127656706/en/

連絡先:吉田健

ウィル・ファーガソン

ジェットでサンフランシスコ

Eメール: [email protected]

電話:+1-415-392-1333

キーワード:アメリカ日本北アメリカアジア太平洋ネバダ

産業キーワード:ロボットリサイクル家電製品環境データ分析技術製造持続可能性建設および不動産建築システムインテリアデザイン小売ナノテクノロジー代替エネルギーエネルギーグリーン技術人工知能プロフェッショナルサービスSホーム製品ソフトウェア繊維ハードウェア

出典:日本貿易振興機構

著作権ビジネスワイヤ2023。

PUB:2023年11月27日午後01:00 / DISC:2023年11月27日午後01:01

http://www.businesswire.com/news/home/20231127656706/en

READ  サウジ原油、5月の日本原油需要の3分の1供給
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours