スポーツ

Charles Ollivonの復帰とワールドカップの興奮を取り戻す機会を含む、フォローする5つのストーリーライン

クレジット:PA画像

日本とフランスの間に来る2つのテストシリーズの前に、来月に続く5つのストーリーラインを選択します。

日本は国内リーグの急成長にもかかわらず、3年前に世界的なショーピースを開催し、アイルランドを驚かせた後、やや退歩しました。 Covidはまさに間違った瞬間にそれらを襲った。 まあ、他の人よりも間違っています。 一方、Dylan Riley、Ben Gunter、Gerhard van denがゴールを決めた最近、ウルグアイとの試合で試みたチームの実際の国籍はますます曖昧になりました。 ヒーバー。

一方、彼らの7月の野党は、2019年の残念なウェールズ退場以来、反対方向に急激に移動し、今後の候補者との対話にしっかりと位置づけられています。 ワールドカップ彼らがホストしています。

Planet Rugbyは、興味深いシリーズの前に5つのポイントをきちんと見ています。

フランスが彼らの深さをさらに見せる機会

間違えないで影だった フランス 1週間半前に、Twickenhamでイングランドの希望者に敗れたGeorge Kruisとのチーム。 フレンチ・バーバリアンはアメリカ巡回公演をしながら時間を過ごしており、実際の1ランクフランスチームが出撃を控えています。 日本。 しかし、このツアーは夏休みが与えられる最前線の選手の数で有名であり、別の – 別の – 国際レベルの若者がどれだけうまく来ているかを測定する機会があります。 たとえば、Antoine Hastoy、Baptiste Couilloud、Yoann Tanga、Dany Prisoなどをご覧ください。 彼らのほとんどは自分の位置にいるすべての国際選手にお金のために出馬しますが、すべて自分の位置で4位に評価することができます。 フランスチームで。

日本は暗い2021年以降改善が必要です

コロナ19は日本が生み出した勢いを確実に崩し、多くのファンがワールドカップ以後の情熱を無限の閉鎖と制限に弱めたが、これは2019年の頂点以後チームが取った後退に対する部分的な言い訳に過ぎない。 地域リーグがチームの心を打つようにするには、収入が少なすぎて浮上している地元の人が少なすぎるという残念以上の疑いがあります。 しかし、6月にウルグアイで2回テストされたのは、このシリーズに適しています。 良い印は長い間必要だった肯定的な勢いを続けます。

後線でチャールズ・オリボンの復帰

そして、それが起こるように、キャプテンシップ。 オリヴォンがひどい膝の負傷でほぼ一シーズンを過ごした後、スクワッドに戻ったときに腕章を受けたとき、誰もまぶたを持っていませんでした。 しかし、このフランスチームで現在激しく戦っているすべての位置の中で、後熱競争が最も激しい。 多くの国家代表の主張が自分の位置で最高の選手ではないにもかかわらず選手団に残っていますが、フランスチームの多くの指導者たちと一緒にオリボンが復帰する際に証明するために少しの追加費用があると期待しています。

日本ツアー希望に起きる兆候

イングランドはファンデミックのために2020年に旅行を去ったでしょう。 そして昨年もやはり無効でした。 特にライオンズツアーのためです。 日本代表チームがワールドカップ以降退退した場合、ファンデミックを主な原因として見るのは難しい。 最後に、彼らは真の7月シリーズでヨーロッパの大きなチームの一つを歓迎します。 2019年のショップで想像力を惹きつけたファンがどれほど楽しかったかを思い出し、ヨーロッパの主要選手が続ける価値のある雰囲気とツアーを作り始めます。

見知らぬ色と場所に慣れている名前

ゲルハルト・ファン・デン・ヒーバーを覚えていますか? 彼はBullsでBryan Habanaの11番の番号を譲り受けた人でした。 彼はStormersに加わるために下に行き、Munsterに行き、そして絵を得ました。 潜在的な世界が偉大だと宣伝したが、怪我や不注意な動きのために徐々に視界から消えています。 しかし、彼は33歳で、左翼で日本のためにそれを引き裂いたので、正しいことをしていることは明らかです。 彼は現在、Mathis LebelやYoram Moefanaなどのより強力な反対に直面しています。

もっと読む: 7月の国際選手:10人の潜在的なブレイクアウトスターが輝きます。

記事 日本対フランス:チャールズ・オリヴォンの復帰とワールドカップの興奮を取り戻す機会を含む5つのストーリーライン Planetrugby.comに初登場しました。

READ  MMA:日本の戦闘機は、彼がLito Adiwangの試合決定的な打撃を見ていないと言う

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close