Chieko Baishoは、優れた映画キャリアでGolden Mulberry Awardを受賞しました。

1 min read

イタリア・ユディーネ — 俳優と歌手 チエコバイショー 極東映画祭で披露した彼女は観客を驚かせました。 プラン75 (2022)監督 早川千恵

イタリア・ウディネで開かれた第25回極東映画祭で披露した日本映画の新鮮な選択は、愛と希望に対する幸せな賛歌でした。 観客を楽しませた多くの日本タイトルの中には次のようなものがありました。 誘導利己主義者そして 彼女は私です、私は彼女です。

しかし、 プラン75 世界中で聞くことができるメッセージを伝える強力な映画で際立っています。 好評を受けた映画の主人公を演じた女優のバイショ・チエコは、そのメッセージを伝える女王だ。

道(バイショウチエコ)は「プラン75」から遠いところを眺めている。 (極東映画祭FEFFスチールカット)

素晴らしいキャリアの賞

今年のウディネでは、チエコバイショは日本映画で彼女の素晴らしい成果を称え、ゴールデンマルベリー生涯功労賞を受賞しました。

バイショー・チエコは「FEFFが25周年を迎えながら、大切な賞を受賞することができて光栄だ。この愛される祭りがより多くの記念日を祝い、私の年齢を越えるきっかけになることを願う」と目立って感動した。

彼女はフェスティバルディレクターのSabrina Baracettiと彼女に向かった無限の拍手でホールをいっぱいにした恍惚な群衆に感謝の言葉を与えました。

バイショーは忘れられない瞬間で観客の暖かい愛情に感謝を表した。 バイショーが歌った「古いりんごの木陰で」日本語版を美しいアカペラと呼んだ。 プラン75

Michi(バイショウチエコ)は「Plan 75」で「古いりんごの木陰で」を歌います。 (極東映画祭FEFFスチールカット)

彼女はその後のグループインタビューで「歌う計画はなかった」と率直に説明した。 「しかし、大衆が私にもっと欲しいと感じたので、私はサブリーナをきれいに見て、彼女に歌を歌うことを許しました」

ヴァイショーの予期せぬ演技は、未来への希望を伝える愛の行為であり、観客や映画界、彼女の最新映画に捧げることでした。 彼女は「この映画を撮る時はこの映画が私をここまで連れてくるとは想像もできなかった」と話した。

バイショーのフィルモグラフィー回顧展

極東映画祭は4月21日から29日まで開催された。Friuli Venezia Giulia地区の小さな村Udineに位置しています。 今年、FEFFはアジア映画を記念する最も重要で好評の映画祭の一つで、毎年世界中の専門家と評論家が集う25周年を迎えました。

FEFF25では、バイショウチエコ回顧展を開催し、女優が直接選んだ複数の映画を上映しました。 これには含まれます 男として暮らすのは大変です。 (1969)、最初の大衆映画 オトコとツライヨ シリーズ、そして 春が遅くなる場所 (1970)、どちらも有名な監督の山田洋治監督。

バイショウチエコは「男は大変だ」(1969)で主人公トラジロの妹さくら役を演じた。

ディストピア的な未来

プラン75 日本の急速な人口高齢化の話を画面にもたらします。 将来の日本では、ディストピア政府プログラム プラン75 75歳以上の人々は、財政支援と物流支援を通じて安楽死に頼ることをお勧めします。 主人公は謙遜ながらも堂々と一人暮らしの老婦人道(バイショウ・チエコ)だ。 映画を通して彼女は人生をこうして仕上げなければならないか心配する。

「私の話の主人公はおばあちゃんで、生きながら大変なことを経験しながらも生きたい気持ちが、誰よりも強いです。 視聴者の方々が共感していただきたいです。 [with Michi] だから彼らは彼女が死ぬことを望まないでしょう。 バイショウチエコがその役にぴったりだと思いました。 彼女だけがそれを演じることができた」と早川千恵監督は言った。

第25回極東映画祭に出席した早川千恵監督(左)とバイショウ・チエコ(右)。 (©リカルド・モデナ)

バイショーはこの役割を受け入れることに決めた理由について、「初めて台本を読み始めた時、オープニングシーンに圧倒されすぎて読んで止まった。 [in the film]。 しばらくして、心の準備ができたとき、私はその本をもう一度読み始めました。 私が演じたミチというキャラクターが大好きです。」

決定的に彼女は「これが最も弱い人々、声がない人々に声を与える私のやり方だ。日本社会は高齢者にあまり親切ではない」と付け加えた。

どこの高齢化社会への警鐘

プラン75 高齢者のように、もはや生産的ではなくなった人々を役に立たない存在と見なして、無視する私たちの社会の限界について、私たちの現在と未来、そして私たちの社会の限界について考えさせます。 そしてこれは日本に限られたものではありません。

これはすべての先進社会が直面した問題だ。 映画で扱うトピックは世界中で適用されます。 バイショーは「私は辛抱強い人であり、長い間私の声を表現できなかった。しかし、今は声を出さなければならない時であることに気づいた。人々を幸せにするためには、自分が先に幸せでなければならない」と付け加えた。

主人公の道(バイショウ・チエコ)が電話通話をしている。 (極東映画祭FEFFスチールカット)

60年以上の経験を持つチエコバイショーは、映画業界の変化を目撃しました。 彼は「この作品のおかげで様々な役割を果たし、数多くの人生を生きることができた」と話した。 「私が始めた時だけでも映画産業が繁栄しました。実は1年間13本の映画に出演しました」

彼女の演技について話しながら プラン75バイショは「この映画を撮影しながら特に難しいシーンがあったが、通話をしなければならないシーンだった。あまり感情を表現しないように監督のアドバイスに従った。強い反応はとても簡単だっただろう」

しかし、バイショーの素晴らしくも落ち着いた演技は見る人々の心金を強打し、大きな声を出さずにキャラクターの感情を完全に伝える。

関連:

著者: ステファニア・ビーティ

READ  Atlusの求人情報はPersonaのファンとPersona 6にとって良いニュースです。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours