技術

Chromecast with Google TVレビュー:価格も機能も最高のストリーミング装置| ギズモ・ジャパン

最高オブ最高と思われる。

Googleは、Google TVを搭載した新製品「Chromecast with Google TV「米国で販売開始しました。現在は日本非対応ですが、中を提供する予定です。価格も機能も良く、ストリーミング装置の最も本名レンズ日本でも発売が待たれますが、米Gizmodoによる絶賛レビューを提供しています。


まず製品のレビューする前に、「Chromecast with Google TV」という製品名について一言言及したいと思います。 今回登場した新しいGoogleストリーミングデバイスは、スマートフォンで再生している動画や音楽などをTVとスマートスピーカーにミラーリングすることができますが、それは基本的な機能はありません。 Google TVを搭載して視聴体験を引き上げるして競争力を高める今まで誰もが求めていたのです。 製品名の最後に「with Google TV」が加わりますが、製品は、単に古くなっだけでなく、製品の魅力を知る難しくしてしまっていると思います。 「Google TV」が基本でなければなら、Chromecastは補助的な機能のことです。

Google TVとChromecast

画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

これは何?:動画コンテンツなどを視聴できるスティックタイプのメディアストリーミング装置。

価格:50ドル(約5200円日本未発売)

好きなところリモコンも付いて低価格。 Android TVが搭載され、Googleサポートも使用することができる。 アプリや動画配信サービスの映画やドラマ、現在放送中のライブコンテンツの視聴ができ、リモコンはIR(赤外線)とCEC対応、4K HDRをサポートしています。

好きではないところ:付属の電源ケーブルがちょっとしてください。 現在サポートされているライブTVサービスは、YouTube TVが。 再起動時に時折遅延が発生することができる。

Googleはこれまでソニー、Hisense、Nvidia、XiaomiなどTVやセットトップボックス製品のAndroid TVを提供したが、Google、自社製品は、2016年に発売されたChromecast Ultraしか選択肢がありませんよた。 NetflixとHuluは、その他のサービスの内容は、Chromecastで、スマートフォンなどのデバイスからキャスティングみようと思った場合見ることができましたが、リモコンやUIがなかったので、AmazonやApple、Rokuなどの競争ストリーミングデバイスと比較してマイナスポイントが明確に存在していました。しかし、今回登場した50ドル(約5200円)の「Chromecast with Google TV」は、ストリーミング装置戦場の最前線に浮上です。

インターフェース優れたGoogle TVに対応

「Google TV」は、Appleの「Apple TV」やAmazonの「Fire TV」のようなプラットフォームのサービスとして、2010年に登場した後、「Android TV」に統合されましたが、今回Google TVに復活したような形に、すなわちAndroid TVになって、ほぼすべてのことが可能です。

Google TVの真価は、求められてユーザーインターフェース。 コンテンツに合わせたダイナミックな背景が特徴的なデザインで非常に華やかな印象です。 例えば、映画コンテンツのサムネイルにカーソルを置くと、その映画の一場面を背景に現れ、また野球の試合のサムネイルにカーソルを置くと、背景が走っている二つのチームのロゴが表示されます。 だからといってコンテンツの内容が変わることはありませんが、テンションが上がります。

20201023_chromecast3
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

インターフェースの上部に「Search」タブがあり、また、「For You」「Live」「Movie」「Shows」「Apps」「Library」と続けている。 Google TVは、視聴可能な特定の番組や映画を様々なアプリケーションやプラットフォームを越えて検索数、リモコンのGoogleヘルパーボタンを押して、音声で検索することができます(この機能については、今後ご紹介します)。

各ビデオサービスに加入している場合は、プログラムをクリックすると、メニューと設定を省略して、そのままコンテンツを視聴することができます(Apple TVアプリの動作と似ています)。

「For You」タブは、既に視聴したコンテンツを分析(要受信拒否)することで、他のすべてのプラットフォームで必要なものと思われるコンテンツを推薦てくれるようになります。 これはNvidia Shield TVなど他のGoogle TVで見ることができるもので、信頼性の高いものです。 例えば、視聴中のドラマの新しいエピソードがYoutube TVに追加されると、自動的にポップアップします。 Youtube TVアプリをわざわざ開始する手間をかけず、そのままクリックして視聴開始することができます。 また、熱中しているプログラムをピックアップしたり、ユーザーが関心あるかのようなプログラムを提供してくれます。 何か見てみたい、自分の見たい番組が何であるかを知らない見たい番組を選んでるだけで1時間経過してしまった…なんて人にも便利です。

20201023_chromecast4
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

「Live」タブでは、現在放送中のTV番組を統合して表示します。 これが非常に便利で、ライブコンテンツおよびオンデマンドのビデオを簡単に切り替えることができるようになっています。 現在(米国)Google TVに統合されたライブTVサービスは、Youtube TVだけだがGoogleによると、今後のサービスを追加する予定とのこと。 Sling TVとAT&T TV Now、Hulu with TVその他のサービス課金は今しばらくお待ちください。 (もちろん、手動で各サービスアプリケーションを開くと、視聴可能です)。 YouTube TVユーザーであれば、配信されるコンテンツのリストに直接アクセスすることができます。

「Movies」「Shows」タブの中にも非常に分かりやすく、人気タイトル、新しいプログラムに、Googleトレンドなど、各配信サービスの内容を横断してお勧めします。 様々なジャンル(コメディー、ドラマ、ドキュメンタリーなど)からアクセスすることができ、ここで表示されるコンテンツは、基本的に、既に契約されている配信サービスのことが示されたが、トレンドに沿って必ずしもそうではない。

20201023_chromecast6
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

20201023_chromecast7
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

20201023_chromecast8
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

20201023_chromecast9
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

「Apps」タブには、新しいアプリケーションをダウンロードしたり、既に利用しているアプリケーションを構成するために使用する場所です。 「Library」タブは、Googleから購入したすべてのコンテンツへの高速アクセスがある場所です。 また、また、YouTube TVで録画したコンテンツにアクセスすることができます。

ハードウェア面でも良い感じ

続いて、ハードウェアの側面について検討していきましょう。

カラバリ3色(Snow、Sunrise、Sky)でTVのHDMIポートに直接接続することができます。 USB(USB-AからUSB-C)電源ケーブルで電源コンセントに常に挿し必要があります。 ほとんどの人々はWiFiでインターネットに接続すると思いますが、有線で接続したい人は、20ドル(約2100円)の「Chromecast with Google TV」のためのイーサネットアダプタを使用するオプションも用意されています。装置のプラグを抜いたとき、または手動で再起動したときに、唯一の性能遅延を感じました。

20201023_chromecast10
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

そしてリモコンが便利です。 (最も人気のある配信サービスである)YouTubeやNetflixの専用ボタンが直接それぞれのアプリケーションを起動することができます。 また、リモコンには、「戻る」「ホーム」「ミュート」と「Google助けてください」ボタンが音声で内容を検索したり、同じWiFiネットワークでスマートホームのデバイスを操作することができます。 また、このリモコンは、2つのAAA電池が必要になります(充電仕様だったら良かったのですが)。

20201023_chromecast11
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

20201023_chromecast12
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

20201023_chromecast13
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

20201023_chromecast14
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

20201023_chromecast15
画像:Sam Rutherford / Gizmodo US

「Chromecast with Google TV」のリモコンの下部には、電源ボタンと入力選択ボタンがあります。 IR(赤外線)とHDMI-CECに対応しているので、リモコンをTVと同期簡単テレビ操作も可能です。 このリモコンひとつで、Google TVはもちろん、TVの操作もある程度あるので、TVのリモコンをどこかに閉じミニモルルル維持することができます。 インストールも非常に簡単で、1-2分かかります。 まず、「Chromecast with Google TV」を起動すると、リモコンやTVを適切にペアリングすることができるようにステップバイステップガイドしてくれます。

すでにストリーミングTVボックスを活用している人のために、Google TVのインターフェイスは、完全に新しいものはないと感じると思いますが、お馴染みのアプリケーション、コンテンツの提供は、その内容をすぐに見ることができる便利なショートカットなどが提供されており、Googleのヘルパーのすべての横断して接続することができます。 「今日のニュース」や「今日の天気」をGoogle秘書に聞く答えてくれるように、音声で簡単に検索し、新しいプログラムを見つけることができます。

また、Google Nest Hub Maxのセキュリティカメラを使用している場合は、TVの右上にカメラのライブビューを表示するようにGoogleアシスタントに指示することができます。

ストリーミングデバイスです

20201023_chromecast16
写真:Sam Rutherford / Gizmodo

また、競合製品と比較してみても「Chromecast with Google TV」は、よりスマートで優れていると思いました。使いやすくUIもかっこいいApple TVであれば、最も安いもので1万5,800円(4Kは1万9,800円)であるが、Google TVの4倍の価格です。Android TVデバイスに優れNvidia Shieldも150ドル(約1万6,000円)ですね。

この価格帯の競合製品は限られており、50ドル台(5,000円〜6,000円台)であり、AmazonやRokuされます。 Roku Streaming Stick +は、Dolby Vision非対応(100ドルRoku Ultra方は対応)されるので、残る選択肢は6,980円AmazonのFire TV Stick 4Kが最も近い競合製品です。 Fire TV StickはAmazon Fire TVでApple TV +アプリケーションにアクセスすることができるという利点もあるが、リモコンがChromecast with Google TVに比べてイケません。 そしてGoogle TVのインターフェースがより直感的なデザインにも優れていると思います。

つまり、Amazonの生態系にすっぽり使用しない場合、今なら「Chromecast with Google TV」がおすすめです。

最後に

・Google TVはAndroid TVをベースにしているので、Apple TVを除くすべての主要なストリーミングサービスをサポートしていますが、OTTLive TVは、現在YouTube TVに限られています。

・Chromecast with Google TVは、現在Google Stadia(日本未対応)には対応していませんが、2021年上半期に対応予定です。

・この秋から「Google Playムービー&TV」アプリは、 “Google TV”にリブランドされています。

日本では未発売ですが中サポートする予定です。

READ  GitHubのソースコードがGitHubにリークされている公開した人は、「GitHubのCEO」を最も - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close