CMUがAIイノベーションを加速するために1億1,000万ドル規模の米国と日本のパートナーシップを締結

1 min read

Carnegie Mellon UniversityとKeio Universityは、米国と日本でAI中心の研究と人材開発を促進するために、互いに協力し、業界パートナーと協力することを発表しました。 今回のパートナーシップは、人工知能分野で両国間の新しい2つの大学パートナーシップの一つである。 ワシントンDCで発表(新しいウィンドウで開きます)4月9日過ぎ、ライモンもアメリカ商務長官が主催したイベントで。

この協力は、優れたAIプログラムを備えた2つの大学と、実際の問題解決を目指して資金とリソースを提供するために努力する先進的な技術企業と将来志向のリーダーを兼ね備えています。

CMU会長 パルナム・ジャハニアン(新しいウィンドウで開きます) 商務省研究図書館で開かれた署名式に出席するためにワシントンDCにあり、その間にワシントン大学と筑波大学も同様の協力に同意した。

Jahanianは、「この新しいパートナーシップは、範囲の面でグローバルであり、AIの研究と影響力を発展させる目的で一心」と語った。 「これはCarnegie Mellon Universityのためにカスタマイズされた機会であり、Raimondo大臣と大臣のリーダーシップのおかげで可能です。 SoftBank Groupのパートナーと緊密に協力する機会に感謝します。

CMUはますます多くの要求を受けています。 AI専門知識(新しいウィンドウで開きます) この分野の誕生以来、公共および民間部門のパートナーによって行われました。 この大学は、AIの革新的な可能性を実現し、人類の利益のためにAIの安全な使用を保証する人材のための世界的なハブです。 この分野の努力はCMUで意図的に学際的な努力をしており、科学技術の限界を発展させるだけでなく、重要なAI政策と社会的影響に対処するために大学全体のすべての大学にまたがっています。

「ペンシルベニアはAI開発とイノベーションのグローバルリーダーです。長い間、新技術の可能性に対応し、その力を活用して人々の生活や業務方法を変えてきたカーネギーメロン大学などの大手機関に大変感謝しています。」とペンシルベニア州知事ジョシュが言った。 シャピロ。 「人工知能はすでに私たちの経済のあらゆる分野に影響を与えています。政府の指導者たちは、急速に変化する技術市場に倫理的かつ責任を持って適応するために人工知能の革新に頼る必要があります。 これが私たちがペンシルバニアで取ったアプローチであり、英連邦がカーネギーメロンと協力して生成AI管理のためのベストプラクティスを開発した理由です。 カーネギーメロン大学と慶應義塾大学間のこの新しいパートナーシップは、ペンシルベニアとアメリカのAI技術分野のグローバルリーダーシップに基づいて構築され、私たちの人材の能力を強化し、革新に頼り、経済的な機会を活用します。

このタスクは、マルチモードおよびマルチ言語学習、ロボットのためのAI、人間との自律AIの共生、生命科学および科学的発見のためのAIを含む特定の研究テーマに焦点を当てます。 今回のパートナーシップを通じて、学科、教授陣、学生間の学際的協力が行われると予想され、CMUと京王研究者との共同研究プロジェクト、ワークショップ、知識共有セミナーが含まれる予定です。

カーネギーメロン大学と慶應義塾大学、ワシントン大学と筑波大学間のパートナーシップは、複数の米国企業と9つの日本企業で構成されたコンソーシアムの民間部門投資を合わせて1億1千万ドルでサポートされます。 CMUは、Arm、Microsoft、およびSoftBank Groupから資金提供と協力しています。

「CMUで進行中の研究と非常に密接に一致するトピックに関するAI研究協力と業界パートナーシップを構築することは、AIが人々の人生に与える最高の影響を発展させるために不可欠です」と述べました。 武道ヘベルト(新しいウィンドウで開きます)CMU学長 コンピュータサイエンス(新しいウィンドウで開きます)。 「教授陣、研究者、学生がコンピュータサイエンスやAI研究の一部の重要な分野でAI開発のビジョンを共有する慶應義塾大学の同僚と協力していただきます。」

CMUとKeioの間の契約を通じて、CMU教員、研究者、学生はKeioの同僚と協力し、AIとコンピュータサイエンスの共有の強みを活用し、革新を促進し、民間セクターのパフォーマンスを強化し、それぞれの学術と研究ミッションを発展させるすることができます。

慶應義塾大学総長の伊藤光平(Keio Itoh)は「慶應義塾大学はAI研究だけでなく、ロボット工学や画像処理分野でも日本で先導的な役割を果たしてきました」と述べました。 AI分野の世界的研究機関であるカーネギーメロン大学と日米協力」

関連する取り組みには、ワシントン大学と筑波大学が含まれます。 こうした協力は、Amazon、Arm、Microsoft、NVIDIA、SoftBank Groupなど、複数のグローバル企業と日本企業コンソーシアムの民間セクター投資を活用します。


上の写真:左からジーナ・ライモンド米商務長官、パルナム・ジャハニオンCMU会長、ルネハスArm CEO、天海正行慶應義塾大学研究副社長、沼本武マイクロソフト副社長兼最高マーケティング責任者(CMO)、日本教育部長官。 文化、スポーツ、科学技術 森山正人。 出典:米国商務省


READ  「家でもマスク」を知っている面倒な新型コロナ家庭内感染対策はつらいよ:J-CASTトレンド[전체보기]
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours