CNOと日本参謀総長、合参の出会い。 日米同盟強化議論 > 米太平洋艦隊 > ニュース

Estimated read time 1 min read

10月19日、米国防総省でマイク・ギルデー(Mike Gilday)海軍参謀総長と合同議長の小島山崎(Koji Yamazaki)がペンタゴンで会って電話をかけた。

指導者たちは、海洋安全保障、抑制、予算の優先順位、自由で開かれたインド太平洋を確保するための継続的な努力について議論しました。

Gildayは、「日米同盟はこれまで以上に強力であり、地域の平和と安定の基礎である」と述べた。 「共に安全と繁栄を確保するとともに、多国間協力、情報共有、戦略の同期を強化し、侵略を抑制します。」

米海軍と日本海上自衛隊(JMSDF)は定期的に一緒に作戦を行います。 海上自衛隊は前進配置された空母USS Ronald Reagan(CVN 76)やインド太平洋で作戦中の他の海軍艦艇と定期的に量子作戦を行います。 最近、両国海軍の共同訓練には、SEACAT、Kakadu、Pacific Partnershipがあります。

Gildayは海上自衛隊およびその指導部と緊密な量子関係を維持しています。 彼はリム・オブ・ザ・パシフィック2022のトレーニング中に海上自衛隊ヘリコプター駆逐艦JS Izumo(DDH-183)を訪問しました。 Gildayは来月、西太平洋旅行の一環として日本を訪問する予定です。

米国と日本は韓国と共に共同の価値と地域的優先順位を反映し、未来志向の三国関係を構築しています。 最近では3つの海軍が10月6日、東海で3角弾道ミサイル防御訓練を実施した。

ギルデーは2021年に日本訪問中に山崎に会った。

READ  iOS 14でキーボードがより容易に! :iPhone Tips - Engadget日本版
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours