スポーツ

Coatesは東京オリンピックで最も複雑なキャリアを提供すると言います。

8月21日(ロイター) – 世界的なコロナウイルス感染症の中で、東京オリンピックを開催することは、彼のキャリアの中で「最も複雑な “任務の一つとジョン・コーツ国際オリンピック委員会(IOC)副会長が金曜日に発表されたインタビューで語った。

経験豊富なオーストラリアのオリンピック委員会委員長は、ファンデミクにより大会が延期されてから1年後にかなりの政治的、普及している反対にもかかわらず、大会を開催するための努力をリードしてきました。

コーツはオリンピックの聖火が消えてから2週間足らずでニュースコープのオーストラリアの新聞とのインタビューで、「東京は私の人生で私がやった中で最も複雑なことだった。大変だった」と語った。

「それは多くの時間と訓練を必要としました。そして、私は私のすべてのオリンピックの人生で経験したすべてのことを要求しました。」

東京オリンピックは7月23日の開幕式を控え、オリンピック開催を強く反対する日本世論とファンデミク(世界大流行)への懸念にもかかわらず続行された。

しかし、2032年のオリンピック開催権を獲得するためのブリスベンの巧妙な入札にも参加していたCoatesはオリンピックが開かないと思ったことがないと強調しました。

「絶対、 “彼は言った。 「私は愚かな言葉をするかどうかがしまいが…しかし、私の立場は、私は献身し、オリンピック選手たちのために行わなければならず、消えないものであり、私ができるすべてを行うことでした。彼らは先に行った。」

「全世界的にどのようにそのようなことが起こることができるか分からない人がいました。 “

オリンピック開幕を控え、日本でコロナ19事例が増加しコーツは、日本政府が国内ファンたちのイベントに参加を禁止する措置をとったときの最大の心配事が生じたと感じた。

「大きな決断は、日本の観衆がないことであり、知っている、十分に悪い場合は常に、その段階で心配があります…ゲームを続けることができますか?」 彼は言った。

「私たちは、観客を愛したが、それは彼らの決定でした。

「私たちが行った場合(観衆のために)プッシュプッシュからの参加者と、日本の事例の間に関連性があることが明らかになり、私たちは困ったものです。

「私たちは、政府がそのような決定を下しそうすることに同意することに加えて、他の選択肢がありませんでした。

「それは正しい判断だった。そして、それは放送局と大衆が群衆を見たかっただけに、そのでした。」

マイケル処置の報告; ジェーン・ワーデルの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の世論調査は、コロナウイルスの数が増加するにつれて、膨大な半オリンピック感を示しています

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close