トップニュース

COP 26 日本館で環境省展示会やセミナー開催

日本環境省(MOEJ)は去る1日からイギリスグラスゴーで進行中の第26次国連気候変動協約締約国総会(COP 26)開催地に日本館を建立した。 2021年10月31日~11月12日。 パビリオンは、企業を含む日本の利害関係者に展示会やセミナーを組織する機会を提供します。 MOEJはまた、オンラインで技術と活動を展示するためにVirtual Japan Pavilionを組織しています。

– COP 26日本館の概要 MOEJは、COP 26期間中に日本のイニシアチブと環境技術を紹介するために展示会やセミナーを開催する日本館と技術と行動を披露するVirtual Japan Pavilionを運営しています。 国内脱炭素化。

2021年7月20日、環境部は日本館で先進脱炭素化技術展示申請を行い、12個の現場展示品と33個の仮想展示品を選定した(添付1参照)。

また、日本館では別紙2に記載されたセミナーを開催しています。

展示会とセミナーの詳細については、次のWebサイトに掲載されています。

– COP 26 Japan Pavilionウェブサイト:http://copjapan.env.go.jp/cop/cop26/en/index.html添付1:Pavilion展示リスト https://kyodonewsprwire.jp/attach/202111022694-O1-QeC4v9P7 .pdf添付2:臨時セミナースケジュール https://kyodonewsprwire.jp/attach/202111022694-O2-30sBDuM5.pdf 出典:環境部

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  Kore.ai、日本語での仮想アシスタントプラットフォームを発表

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close