世界

COP26での森林取引:100人以上の世界リーダーが2030年までに森林伐採を終了することに同意します。

参加国の中には、カナダ、ロシア、ブラジル、コロンビア、インドネシア、コンゴ民主共和国があり、これらすべてがかなりの森林を持っています。 特にブラジルは近年アマゾンの森林伐採の増加を認めたことについて批判されている。 米国と中国もこの協定の当事者になるだろう。

この取引は、森林が伐採または荒廃したときに大気中に二酸化炭素(CO2)を放出するため、気候に影響を与え、これは世界の総CO2排出量の約11%を占めています。

首脳はCOP26セッションで森林について発表し、保護と復元に87億5000万ポンド(120億ドル)の公的資金と53億ポンド(72億ドル)の民間投資を投入する予定です。 Aviva、Schroders、Axaを含む数十以上の金融機関のCEOも、森林伐採につながる活動への投資を中止することを約束しました。

ジョンソン首相は声明を通じて「今日COP26で指導者たちは地球の森を保護し復元するための画期的な合意に署名した」と明らかにした。

「この巨大な生態系―自然の大聖堂―は地球の虚波です。

「今日の前例のない公約により、私たちは自然の征服者としての人類の長い歴史を終え、その代わりに守護者になる機会を持つようになります」。

今回の合意は、先週末、ローマで開かれたG20首脳会議が、特に石炭の使用をいつ中断するかについての確固たる新しい気候約束の合意につながらなかった後、不安定な出発をしたCOP26で詐欺を高めるだろう。

また、森林保護のための長年の交渉の終わりに突破口です。 市場で取引できる森林を保存する人々にクレジットを提供することを含む、森林伐採を抑制するためのさまざまな計画があります。 これらの計画は、多くの場合、先住民族とリーダーが森林を商品化するのではなく、完全に保護する必要があると述べたラテンアメリカの激しい反対に直面しました。

ジョコ緯度もインドネシア大統領は声明を通じて「インドネシアは広大な熱帯雨林、マングローブ林、海、泥炭地帯がある世界で炭素が最も豊富な国という祝福を受けた」と話した。 「私たちは、将来の世代のためにこれらの重要な炭素吸収源と天然資本を保護するために最善を尽くしています」

ノルウェーの熱帯雨林財団は取引を歓迎しましたが、資金は結果を示した国にのみ提供されるべきだと述べました。

これは、これまで公約された森林基金の最大額であり、世界の熱帯雨林にとって重要な時期になっています。 「とRainforest Foundationノルウェー事務総長Toerris Jaegerは声明に語った。

「大きなお金には大きな機会がありますが、大きな責任もあります。歩き始める時間はありません。したがって、資金は、熱帯雨林の国々と先住民と地域社会の権利を尊重する人々がとった実質的で実質的な措置に対してのみ報酬を与えなければなりません。」

過去のいくつかの森林保護計画が来て消えてしまうので、注意すべきいくつかの理由があります。

ノルウェーは、長年のパートナーシップを通じて新しい伐採許可を猶予するためにインドネシアに10億ドルを移転することに同意しました。 その取引は最近壊れており、ノルウェーの寄付者は実際の結果を見ていないと述べ、インドネシアの管理者は資金が移転されていないと文句を言った。

CNNのAngela Dewanはロンドンで手紙を書いた。

READ  中国の広東省、ケース持続的にコロナウイルス対策強化

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close