技術

COP26は地球温暖化を避けるのではなく、経済戦争について

~~

[3.11 Earthquake: Rebuilding]    10年後:世界と共にする東北の回復と回復

~

国連気候変動会議(COP26)が10月31日から11月12日までイギリスのグラスゴーで開催される。

先進国と発展途上国を問わず、参加国は地球温暖化防止と温室効果ガス削減のために熱い討論を行うと予想される。

今回のイベントは、大雨による山火事や洪水とともに、今年の夏の記録的な爆炎など自然災害が頻繁になった中で行われる。

Nicola Sturgeonスコットランド首相は、2021年10月25日月曜日にスコットランドで開催された国連COP26気候会議に先立ち、グラスゴーのStrathclyde大学を訪問しながら、技術とイノベーションセンターで基調講演を行っています。 (Jeff J Mitchell / Pool APによる写真)

更新されたターゲット

合計197カ国が署名しました。 国連気候変動条約 (UNFCCC). これらの国の代表者とNGOがCOP26に参加します。 このイベントは、英国で開催される大規模な国際会議になります。 コロナ19が広がっている もう一度。

COP26の主な焦点の1つは、2030年の温室効果ガス排出量に関してはるかに高い目標になります。

気候変動に関するパリ協定により、2030年を基準に国家決定寄与度(NDC)を定期的に見直し報告する義務があります。 COP26は、これらのレビューを行う機会を表します。

日本の場合、2015年パリ協定が採択されたときに設定した26%減少の初期NDCを46%減少に更新しました。 どちらの比率も2013年度と関連しています。

この46%という数値は、2021年4月にジョー・バイデン米国大統領が主催した気候変動首脳会議の当時、菅吉秀(Suga Yoshihide)首相が設定したものだ。

日本はこの膨大な削減を達成するために再生エネルギーを拡大し、原子力発電所の再稼働を促進するしかありません。 これは簡単ではないでしょう。

2011年の福島原発事故以後、日本の原発は54基から33基に減った。 再稼働した原発は10機だけだ。 2030年締め切りまで9年残りました。 ソーラーパネルの敷地は短期間で建設することができますが、すでに適切な土地が不足しています。

COP26主催者ボリスジョンソン首相(REUTERS / Toby Melville)

イギリスの情熱

COP26開催国のイギリスは、4月の気候変動首脳会議の直前である2035年までに炭素排出量を78%(1990年比)削減するという高い目標を立てた。

英国の目標は、米国の50~52%削減(2005年比)とEUの55%削減(1990年比)より高い。

一部の人々は、イギリスが欧州連合(EU)との競争でこれほど高くなり、地球温暖化問題に対する統制権を取り戻すために米国を牽制することに努力したと考えています。 イギリスは気候学の発祥の地であることを誇りに思います。

一方、フランスは原子力を強化して炭素排出量を減らす案を模索している。 10月12日、エマニュエル・マクロン大統領は、フランスが非常に安全であると考えられる小型モジュール式原子炉(SMR)を開発すると発表しました。

関連: 次世代の小型原子炉は、日本の電力政策協議の中心的な舞台

10月19日、ボリス・ジョンソン英国首相は、原子力振興や電気自動車充電ステーションの提供を含め、2050年までに炭素中立国になる方法を詳しく説明する計画を発表しました。

10月22日、日本の第6次エネルギー戦略計画が内閣で承認されました。 しかし、計画では原子力に対する期待と現実の乖離が目立つ。

日本は、COP26でこの戦略的エネルギー計画に基づいて目標46%を裏付けようとすると、困難な立場に置かれることになります。

習近平とウラジミールプーチン

覇権と気候変動

西側諸国は脱炭素化のために一生懸命努力しています。 しかし、その動機は単に地球温暖化を妨げるものではありません。 何よりも化石燃料から脱皮したエネルギー転換であり、新しい産業革命を通じて強大国になる試みだ。

「COPの母」であるソ連が崩壊した直後、1992年にUNFCCCが署名され、これは重要な歴史的瞬間を表します。

それ以来、地球温暖化防止のための国際会議の陰の下で二酸化炭素などの問題をめぐってグローバル経済戦争が行われている。

アメリカはこの期間中に成長を維持しました。 そして中国は発展途上国という地位を利用して経済大国となりました。

一方、日本は短いストローを選んだ。

2020年9月26日、中国の甘肅城スベイモンゴル自治県のチリョン山脈12号氷河「この氷河が減っている速度は本当に衝撃的だ」 REUTERS/カルロス・ガルシア・ロリンズ

中国とロシア、10年後

去る8月、国連気候変動政府間協議体(IPCC)は 気候変動に関する強力な警告これは脱炭素化を達成するための世界的な推進力をさらに高めました。

世界最大の温室効果ガス排出国である中国も自制しなければならなかった。 去る9月習近平国家主席は国連総会で中国が海外で新しい石炭火力発電所を建設しないと明らかにした。

しかし、西欧諸国と日本は2050年まで炭素中立を目指しており、中国は2060年目標から10年遅れています。 さらに、中国は2030年までに温室効果ガス排出量を増やすことを目指しています。

また、COP26 では国家決定貢献度を更新しません。

ロシアは中国と同盟を結んだ。 10月初めに2060年までに炭素中立を目指すと発表しました。

関連: プライベート| 中国は国連パネルの気候変動報告書に注意を払うのだろうか?

停電と工場停止

COP26を控え、中国で多くの停電や工場の停止がありました。 明らかな理由は、石炭火力発電の制限による電力不足です。

ヨーロッパでは、天然ガスの価格と電気代が高まっています。 風の不足による風力低迷が原因です。 しかし、いずれにせよ今は火力発電の減少と再生エネルギー依存度の増加による危機が導かれている。

日本は天然資源が不足しており、電力線やパイプラインを通じて隣接国と接続されていません。 日本が国政寄付金呪いに沿って不合理な再生エネルギー目標と石炭火力発電統制を進めれば、中国やヨーロッパより日本国民がより大きな苦痛を受けることになるだろう。

関連:

(読む Sankei Shimbun 日本語の分析と報告 このリンクから.)

寄稿者: Shohei Nagatsuji

READ  フリップカメラ搭載の5Gスマートフォン「ZenFone 7 "デビュー - AKIBA PC Hotline!

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close