世界

CottonはKhashoggiの訴訟からサウジの指導者を保護するためにBidenをサポートしています。

トム・コットン上院議員(共和アーク)は、2018年にワシントン・ポスト・コラムニストのジャマル・カシュージー殺害に対する訴訟から独裁者を保護するために、モハメド・ビン・サルマンサウジ皇太子に主権免責権を付与することになったバイデン政権の決定に同意しました。

コットンはフォックスニュースサンデー進行者シャノン・ブリムとのインタビューで「今週行政府がムハンマド・ビン・サルマンに国家免除を付与したのは外国首脳が関与した訴訟慣行と一致する」と話した。 「その習慣がそのような免除を与えなかったならば、それは大きな断絶だったでしょう」。

国務省を通じて、 先週、政権は皇太子が法的に免疫を持っていると述べた。 Khashoggiの婚約者が提起した訴訟で。

米国の情報システムは、以前にサウジ反体制の挨拶であるカシュクジ殺害が皇太子の命令によるものであると結論付けていました。

しかし、コットンは、他の政権がより悪いことをし、米国が外国のパートナーにとってあまりにも厳しいことはできないと言った。

「サウジアラビアは世界最悪の人権蹂躙国とは距離が遠い」とFox NewsでCottonが語った。

彼は「例えば、過去3ヶ月間イランで何が起こったのか、街でデモ隊を虐殺したところ、中国が臓器を摘出したり、宗教や少数民族に対する大量虐殺を犯したことを見れば良い」と付け加えた。 「見て、私たちの政治体制や文化的、社会的感受性を常に共有していない同盟国とパートナーがいなければ、私たちにも同盟国とパートナーがいなかったでしょう。」

バイデン大統領は、大統領選挙期間中にカシュクジの殺害以来、サウジアラビアを「天民」にすることを公言したが、去る7月にサウジを訪問しながら進路を覆し、空の肉だけに拳を飛ばした。

石油豊富な国への旅行は、インフレに貢献したロシアのウクライナ侵攻以来、原油価格が上昇した中で行われましたが、ホワイトハウスは、ビデンの訪問は石油に関するものではないと主張しました。

ワシントンポストの発行者であるフレッド・ライアンは 旅行と最近の動きの両方についてビデンを批判しました。 皇太子に免責権を与えるため。

ライアンはビデンについて「彼は世界で最もひどい人権侵害者の一人に殺人免許を与えている」と書いた。

コットンは、米国の市民がテロ攻撃を後援する政府を訴えることができるように連邦法が変更されたが、これらの変更はカシュージ事件には適用されないと主張した。

「外国政府の首長の個人について話すとき、何十年も彼らに免責を与えることは慣例でした」とCottonは言いました。 「従って、このような伝統的な種類の免除を認めないことは、サウジアラビアを疎外させ、排斥しようとするキャンペーンにおいて重大な断絶であり、また別の努力になるだろう」

プログラムの後半に、上院情報委員会の議長であるマーク・ワーナー(民主党 – バージニア)は、コットンの評価に同意すると述べた。

「私たちが好きではない指導者にも主権免除を与えた理由は、アメリカの指導者と米国外交官が海外に配置されたとき、サウジアラビア法やロシア法、南アフリカ共和国法の適用を受けないように保護するためです。 法律です。」とWarnerはBreamに言いました。 「だからこれは歴史的な先例でした」

READ  トランプ大統領がコロナ権威に「バカ!」マスクの着用など苦言に怒り選挙前大丈夫? :東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close